ワカン推奨!熟睡する方法⑤

なかなか寝付けず、ようやく寝れたと思ったら、2時間位で

目が覚めてしまい、そこから全然眠れなくなる・・・。

 

 

あなたはそんな経験ありませんか?

 

 

この症状、実はとても問題があり、立派な睡眠障害です!

 

 

主に原因としては

 

①うつ病を患っている

②身体が未病段階で、SOSを出している

③アルコールの過剰摂取

④カフェインや体に合わないものを摂取している

⑤ライフスタイルの変化

 

 

他にも色々と原因は考えられますが、大まかに5つ位に

分けられております。

 

1つずつ簡単な解決策になってしまいますが、スピリチュアル目線で

睡眠障害を克服するためのヒントをお書きいたします。

 

 

※スピリチュアル目線で書いていきます。スピリチュアルが苦手な方は

他の左脳的サイト(左脳的=理論・理屈的と言う意味)をご参考くださいませ。

 

 

ライフスタイルの変化

 

ライフスタイルとは、生活様式や行動様式と言います。


その人がどんな環境にいて、どんなことに価値を感じて、

どんな生活をして、どんな生き方をしているのか?


など、ある個人の生活の送り方と言えば分かりやすいと思います。


その生活には、仕事があり、家族があり、一人の時間があったり、

人それぞれのスタイルがある訳です。


自分が理想としている生活を送れているならば、ストレスはあまり感じず

多少の波はある物の、日々を満足して過ごしていると思います。



しかし、自分の理想としている生活を送れていないならば

理想と現実のギャップが生まれ、ストレスとして心と身体を蝕みます。


自営や個人で仕事をしている人ならば、仕事に関しての

ストレスは少ないと思います。



自営や個人事業主の方は、自分がやりたい仕事があるから

独立起業をしたわけで、やりたくもない仕事を延々と

させられていると言う、ストレスは無いと思います。



しかし、サラリーマンとして給料をもらっている方は、自分の

やりたい仕事が、今の仕事であると言う訳でもないのです。


何となく将来性がありそうな会社だから、就職したけど

自分に適した職種だったみたいで、やりがいがある!


と思っている方もいれば


希望した就職先に入れたけど、思うように仕事が出来ずに

自分のふがいなさを感じていて、仕事は好きなんだけど

毎日が何となくダルイと言うか重く感じる・・・。


と言う方もいます。



そのような個人の生き方や考え方、時間の過ごし方や

毎日の過ごし方が反映されているのがライフスタイルなのです。


ライフスタイルは、自分の取り巻く環境で日々、刻々と変わって行きます。


上司が変わっただけで、生活を変えなければならない時もあるし

自分の売上の80%を占めている取引先が倒産したから、自分の

生活も変えざるを得ないと言う場合もあるのです。



そう言う様な生活スタイルの変化に、心と身体が反応し

環境に慣れない場合は、不眠と言う形で症状が出てくる時もあります。


環境に適応できないと言う場合も、ストレスと言ってしまえば

ストレスなのかもしれませんね。


自分自身が環境に適応できるようであれば、ストレスを

感じることなく日々を過ごすこともできますが、そうでない場合は

適応できない理由が必ずある訳です。


その理由を知ることで、滞っていた心のストレスが解放され、

より爽やかな毎日を過ごすことが出来るのです。


結婚しても離婚をしても、ライフスタイルは変わります。


環境に適応することも大切ですが、人は一人では生きていけません。


お互いの生活をどこまで尊重し、受け入れ、干渉することなく

過ごすことが出来るのか?と言う事も含めてライフスタイルなのです。


ライフスタイルの変化は、良くも悪くも環境を変えます。


自分が守りたい環境があれば、離婚も仕方ありませんし、

転職も仕方ありません。


自分を守るためにライフスタイルを変えるのか、自分を守るために

今のライフスタイルを貫き通すのか。


答えは自分自身が出すものですが、少なからずとも環境が変わる事は

心と身体に負荷がかかると言う事なので、その事も踏まえて

自分のライフスタイルと言うものを考えてみてください。



あなたの人生はあなたのものです。


どういう生き方をしたいのか?と言う事を意識したら

見えてくるものがあると思います。


悲観的な考えから、良い結果は生まれません。

ポジティブすぎる考えからも良い結果は生まれません。


今いる環境を把握し、改善しながら、素敵な生活を送ってくださいね。


 

同じシリーズのリンクを貼っておきます。ご閲覧くださいませ。

 

ワカン推奨!熟睡する方法

 

①うつ病を患っている

②身体が未病段階で、SOSを出している

③アルコールの過剰摂取

④カフェインや体に合わないものを摂取している

⑤ライフスタイルの変化(この記事)

 

 

ホームに戻る