事故物件の真実は!?

事故物件って聞いたことがありますか?

 

いわく付の物件で、事故・殺人・自殺・孤独死などその類を

総称で、事故物件などと言ったりします。

 

私、実は事故物件に住んでいたことがあります、、、(笑)

 

数年前なのですが、30キロくらいの大きい犬を飼っていました。

その犬と一緒に住みたくて、大型犬と一緒に住んでも良いと言う

物件を探していたのです。


 

※そのワンちゃんは、数年前に亡くなり、今は神様の元で幸せに暮らしてます。

 

色々な不動産屋さんを回ったのですが、ペットは良いけど

大型犬はNGと言う、物件ばかりで探すことを疲れていた矢先に

紹介された物件が、俗にいう事故物件だったのです。

 

事故物件と言っても、不動産屋さんは「事故物件」と言う

単語を出さずに「社長の持っている物件」と言う表現を使い

その事故物件を、紹介してきたのです。

 


ざっくりとご説明しますと、15年住んでいた前の住人が孤独死した物件で

不動産屋的には


「事故物件じゃないから報告義務はない」


と言っていました。

 



私はその物件を、借りる時に、一言も


「老人が孤独死した物件です」


なんて言われてないから、全然知らないわけです。

 


犬と一緒に住んでも良いと言う、物件が出てきた時点で

私は「その物件に決めます」と言いました。

 


一応、内見はしました。


しかし、タンスや机がまだ部屋に残っている状態で

「おかしいな?」と思いました。



しかし、犬との暮らしの方が大事だったので

「おかしいな?」を瞬間で掻き消し、気にも留めませんでした。

 


こういう所が、私の良くないところで、失敗する原因の1つなのです、、、



皆さんも直感は大事にした方が良いですよ!

 


話を戻します(笑)

 

古い物件だけど、1階だったし、犬と一緒に住むには広い位で

「古いケド、この位広かったら、良いかな~?」と思っていたのです。

 

 

 

で。

 

 

いざ住み始めると、やっぱり色々とありました(笑)

 

風水師のくせにそんなのも分からないの???

 

と言われてしまいますが、家相は悪くなかったんです。

 

 

でも、周りの環境は完全NGでした。



今だったら絶対に借りない物件ですが、30キロのわんこと一緒に

住めるところは、探したけれどそこしかなかったのです。



贅沢は言えないと言う事を、理解していたため、気合と根性で

何とかしよう・何とかできると思っていたのです。


 

実際に何が起きていたのか?を言いますと・・・。

 


畳の表替えをしてもらったのに、窪んている畳が1枚あったこと

じめじめとしてて、空気が異様に重く、カビ臭かった

隣の外国人が朝方、ほぼ毎日セックスをして、声が毎朝聞こえた

お風呂に入ると、風呂場の電気が必ずチカチカする

お犬様が、いつも部屋の角を見て唸る

二階は空き室なのに、夜中、走ったりジャンプしたり足音がガッツリ聞こえる

盛り塩がすぐに溶ける

先住民の方が、自分が死んだことを理解しておらず、毎日うざかった

 

 

私の場合は、格安で借りたわけでもないし、普通の一般的な

価格と同じ相場で、部屋を借りたのです。


 

銭ゲバ不動産屋にハメられた感満載でした。

 

正直、事故物件と知らされていたら、絶対に借りませんでした。

 

諸々を大家さんに説明するのもダルイので、

 

上の住人の方が夜中にプロレスみたいなのを

するらしく、全然眠れないので、

注意していただきたいのですが。

 


と言ったら


 

上の住人なんていないよ???

 

と言ってきたので

 

「じゃあ、毎日上からどんどん聞こえてくる音は何ですかね?」

「走ったり、ジャンプしたりする音が聞こえるんです」

「隣の人も賑やかですけど、上の人も相当賑やかですけど?」

 


って言ったら、ようやく、言っていることを理解したらしく

お年寄りが孤独死したことを教えてくれました。

 


代わりの物件を用意してくれたのですが、その部屋も

何か変だったので、3ヶ月くらい住んで、実家に帰りました。

 

 

止むぬ止まれる事情があるなら、仕方ありませんが

好んで事故物件を借りるのはお勧めしません。

 



基本的に事故物件って、家相もしくは環境・土地が

NGな場合が多々あります。



自殺ならまだしも、殺人事件などが起きるようなお部屋は

そういう怪しい不穏なエネルギーが流れているから、事故や事件が

起こるべくして起きるのです。



 

もし、事故物件をお持ちの大家さんで、入居率が悪くて

思い悩んでいる方がいましたら、ご相談くださいませ。

 


家の間取りやレイアウト、家相は、思っている以上に大事です。

 


家選びに失敗しないためにも、引越しをする際はきちんと

間取りをプロの風水師に見てもらってください。


 

間取りは変えられないけれど、その部屋をどういう風に使えば

良いエネルギーを流して行けるか?と言う対策をお伝えする事は可能です。

 



家の間取りや家相で、防げる事故や事件、離婚はいくらでもあります。

 


「どうしよう」と思ったら、プロに聞いてくださいね。


 

 

ホームに戻る