白蛇ちゃんとシンクロニシティ

 

あなたは、シンクロニシティと言う

言葉を聞いたことはありますか?

 

 

シンクロニシティは、日本語で

共時性(きょうじせい)とも言い

「意味のある偶然の一致」の事を指します。

 

 

 

具体的な例を出すと

 

 

「この人に会いたいな」と思っていたら、

偶然にも街中で会う事ができて、

お話をすることが出来た。

 

 

と言う、必然性の高い偶然のできごとです。

 

 

 

この人に電話を掛けようと思っていたら、相手から

偶然連絡があった。

 

 

など、シンクロニシティが起きたと言えるでしょう。

 

 

 

さて、白蛇ちゃんとシンクロには

 

 

何の関係があるの?

 

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

ここから少しずつお話をさせていただきます。

 

 

シンクロニシティは、「意味のある偶然の一致」の事を

指すと、冒頭でご説明いたしました。

 

 

日々の偶然の一致自体は、小さいものにしか過ぎません。

 

しかし、偶然の一致が数多く起こることで、

あり得ない現実が生まれてきます。

 

 

例を挙げると わらしべ長者 のお話しを

イメージしてください。

 

 

 

わらしべ長者とは貧乏な青年が観音様に

 

「金持ちにしてください」

 

とお願いしたところ、観音様から

お告げをいただきました。

 

 

その後、1本の藁を皮切りに、対価交換をしていった結果

金持ちになれたと言う、素晴らしいお話しです。

 

 

シンクロニシティの積み重ねは、まさにこの

わらしべ長者の物語と同じとも言えます。

 

 

わらしべ長者は、1つの偶然が、さらにその先の

偶然を引き寄せ、更に大きなものを引き寄せる。

 

そして、最終的には理想の人生を手に入れて

ハッピーエンドになると言うお話です。

 

 

白蛇にそんなシンクロニシティを引き起こす力があるのか?

 

 

と、ここまで読まれた方は思うかもしれません。

 

 

私はYESと自信をもって、お応えさせていただきます。

 

 

何故ならば、ワカンの白蛇ちゃんを見た方や

お守りをご購入いただいた9割以上の方が

 

 

・こんな風になりたいと思ったら、そうなったのです

・白蛇ちゃんに「よろしくね」と言っただけなのに

 新規顧客が増えて売り上げが上がった

・宝くじが当たって、借金の完済が出来た

・会いたいと思っていたスゴイ方に会えた

 

 

などなど、さまざまなシンクロニシティの成果や

奇跡を語っているからです。

 

 

宝くじが当たって借金が完済できた

 

なんて話し、信じられませんよね?

私も聴いた時は耳を疑いました。

 

 

白蛇を飼っている私が体感している、

白蛇ちゃんとのシンクロニシティもございます。

 

 

昔から憧れていた有名人に会え、名刺交換までできたのです。

 

白蛇を見に来たお客様のお知り合いが私の憧れていた

有名人とお知り合いで、たまたま誘われて行った

パーティーで、その有名人をご紹介いただいたのです。

 

その方が、その場に来るなんて、全然知らなかったので

本当にびっくりしました。!

 

 

このように、シンクロニシティなどは

単発で終わる物ではありません。

 

 

継続的に見て行かないと結果は分からないのです。

 

 

あの時の出来事があるから今がある

 

 

そのようにして、過去と今を繋ぎ、

更には見えない力に導いてもらい、

理想の未来を創り出していくことが出来るのです。

 

 

こんな風になりたいんだ!

 

 

と言う具体的なイメージが無い方には、穏やかだけど

ポツポツと単発的なシンクロをを引き起こしてくれ

 

 

絶対に○○になる!!!

 

 

と言う、具体的なイメージをお持ちの方には、

白蛇ちゃんは強力なシンクロを引き起こしてくれるでしょう。

 

 

ただし、世間では白蛇様と言われており、神の遣いとも

言われている霊性の高い生き物です。

 

 

白蛇ちゃんにお願いをするだけではなくて

 

義理と人情を重んじて、誰かの役に立つ!

 

と言う事を、しっかりと意識してくださいね。

 

 

自分だけ良ければいい。と言う考えは身を亡ぼします。

 

 

エネルギーは循環させていきましょう。

 

 

そうすることで、良いシンクロニシティが起き、

いずれはあなたの元に

 

理想の現実と

 

言う姿で戻ってくるでしょう。

 

 

あなたの願いが叶いますように♪

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る