好かれたいと思うから好かれない

人は誰でも好意を持っている人や関わる人から

好かれたいと思うのではないでしょうか。

 

 

好かれたいと思う理由は人それぞれあると思います。

 

・大好きな人に振り向いてもらいたい

・大好きなあの人の側にいたい

・嫌われるのが怖い

・好きな人に大切にしてもらいたい

 

 

色々な思いがありますよね。

 

 

・人に好かれたら良い事があるかも知れない。

・人に好かれたら、寂しい想いをしないだろう。

・誰かに大切にされたら自分の存在を受け入れる事ができる。

 

 

自分が無意識に何を思っているのか、分からない時は

たくさんあります。

 

 

しかし、意外とはっきりとしている気持ちもあって

 

 

嫌いな人に好かれてもヤダ。

 

 

と言う、相反する気持ちも存在しているのです。

 

 

好かれたいから一生懸命自分の想いを語り、

好かれたいから自分の存在をアピールし、

好かれたいから気を引くようなことをわざとする。

 

 

振り向いてもらいたいから、無意識に相手にアプローチを

している場合もありますよね。

 

 

しかし、その様な事をしていても、大好きなあの人は

振り向いてくれないのです。

 

 

何故だかわかりますか?

 

 

あなたのその気持ちに応えることに、何の

メリットも見出さないからです。

 

 

メリットと言ってしまうと機械的ですが、

 

あなたの気持ちを受け入れる事で、自分が

どうなっていくのか見えないから

 

その気持ちに応えることが出来ないのです。

 

 

好きでもない人や、親しくない人からの

積極的なアプローチはちょっと迷惑ですよね。

 

 

人間関係は損得勘定で成り立つものではありませんが、

断りたいけど断れない時もあります。

 

 

相手のペースに嵌ってしまったら、その関係から

抜け出すことはとても困難です。

 

 

 

「好かれたい」と言う想いがあると言う事は

 

 

好かれなければならない理由

 

 

が心の奥深い所に必ず存在するのです。

 

 

 

その理由は、人それぞれで

 

・自分が寂しい思いをしたくない

・自分の存在を認めてもらいたい

・自分の気持ちを知ってもらいたい

・愛してもらいたい

 

 

色々とあると思います。

 

 

自分の欲求を満たすために、他人を利用する。

 

 

少し厳しい言い方になってしまいますが、自分の欲求が

たされたら、本当に満足するのでしょうか?

 

 

人は「もっとたくさん」を無意識に求めます。

 

 

しかし、自分の心がボロボロだったら

相手の愛を受け入れることはできません。

 

 

穴の開いた袋に水をたくさん入れても、

穴から水は零れ落ちますよね?

 

 

それと同じです。

 

 

自分の気持ちがどこまで行けば満たされるのか。

 

 

 

好かれたい。愛されたい。

 

 

そう思っているうちは、好かれないし

愛されることは難しいでしょう。

 

 

どうして好かれたくて、なぜ愛されたいのか?

 

 

誰かの大切な存在になるためにはどうすれば良いのか。

 

 

答えは簡単で明確です。

 

 

あなたの事を大切に思っています。

 

 

と言う事を、自分の態度で示しましょう。

 

 

クリアな心を持って、純粋にその人に接し、その人の気持ちを

理解する事に全力を注ぐのです。

 

それは、相手に貢いだり、相手の言う事を100%

聞くと言う事ではありません。

 

 

 

相手に心を開いてもらうためには、まずは自分が

相手を理解することが大切です。

 

 

あなたを大切に思っています。

あなたの事を教えてください。

あなたの気持ちを聴かせてください。

あなたの意見を聞かせてください。

 

 

このような想いや態度や真剣な気持ちが伝わったら、

相手はあなたに心を開いてくれるでしょう。

 

 

一方的に自分の想いを押し付けるのではなく

相手の意見を尊重することを優先しましょう。

 

 

 

世界No.1コーチのアンソニーロビンズは言いました。

 

 

真の人間関係に、駆け引きなどは存在しない。

 

 

私はこの言葉を自分の心の中に刻んでいます。

 

 

他のブログを読む

 

 

ホームに戻る