夜泣きを風水で何とかしよう。

ママや家族にとって、赤ちゃんの夜泣きはお悩みの原因の1つ。

 そんな皆様のお悩みを風水的目線で解決します!

 

可愛い赤ちゃんの夜泣き。。。

 

赤ん坊は夜泣きをするとは分かっていても、やっぱり

たまにはぐっすり寝たい・・・。

 

 

そんなお悩みを、風水で解決してしまいましょう。

 

 

しかし!!! やっぱり風水。

 

 

家の間取りが分からないと、意外と何もできません、、、

 

 

赤ちゃんは、大人以上にエネルギーに敏感です。

 

 

赤ちゃんが寝ている位置や、エネルギーがどのように

流れているかによって、対策は変わってきます。

 

 

磁場の乱れているお家で育った子供は、キレやすかったり

癇癪持ちだったりする傾向が強いです。

 

 

あまりの泣きっぷりに

 

本当にうちの子かしら・・・。

 

と思う時もあるでしょう。

 

 

風水師的には小さい頃のエネルギー環境は特に

気を付けたい&気に掛けたいところでもあります。

 

 

さて、早速夜泣き対策の風水です。

 

 

・キッチンや水場の近くに赤ちゃんを寝かせない

・家電製品の近くに寝かせない

・ドアの正面にベッドや布団を置いたりしない

・休みの時は森林浴へ行きましょう

・狭い部屋で一日を過ごさせない様にする

 

 

火や水の近く(キッチンや風呂)など、湿度の高い

お部屋では赤ちゃんを寝かせないようにしましょう。

 

 

何故か理由をお伝えすると、湿度の高い所は

良くも悪くもエネルギーが籠ってしまいます。

光が当たらないお部屋も同様です。

 

 

窓のないお部屋で赤ちゃんが寝ているのならば

窓のあるお部屋に移動してください。

 

 

昨今の住宅事情で、リビングしか窓が無いなど

色々なご事情はあると思います。

 

 

しかし、夜泣きが酷い場合は磁場の乱れや

エネルギーの、乱れが原因の場合もあります。

 

 

赤ちゃんは大人よりも、エネルギーに敏感です。

 

 

磁場を整えるための対策も大事ですが、エネルギーの

歪んだところで寝かされる赤ちゃんだって

ストレスが溜まります。

 

 

寝ている時は防衛心が解かれている状態なので

余計にネガティブなものが入ってきます。

 

 

赤ちゃんが寝ている時こそ、自然の空気の取り入れ

心地よいエネルギーをお部屋に満たしてあげてください。

 

 

まずは、お家のエネルギーを安定させることに

意識を集中してみてください。

 

 

お家の中のエネルギーが変われば、状況は

どんどん変わってきますのご安心ください。

 

 

家のエネルギーや部屋のエネルギーって、本当に

大切なのですよ(^^)

 

 

皆さんのお家やお部屋の中も、配置を一つ変えるだけで

エネルギーが、がらりと変わります。

 

 

是非、素敵エネルギーを味わいながら毎日を

過ごしてくださいね♪

 

 

他の記事を読む

 

ホームに戻る