お家の鏡は何を映していますか?

普段、さりげなく置いている鏡。

 

使い方によっては吉凶がハッキリと別れてしまいます。

そんな鏡の正しい使い方をご紹介します。

 

 

家相風水の世界では、鏡はエネルギーの流れを変える

とても重要なアイテムでもあります。

 

 

鏡を置く場所によっては

 

・邪気を祓ったり、

・良いエネルギーを望むところに流す

 

など、重要な役割を担います。

 

 

しかし、使い方によっては

 

・良いエネルギーを跳ね返してしまう

・良くないエネルギーを人間に浴びせてしまう

 

など、吉凶がハッキリと分かれる道具なのです。

 

 

 

私は、エネルギーの流れを変える時に

鏡を代用する時もあります。

 

 

生霊に憑かれやすい人や、人に恨まれやすい人は

鏡を持ち歩くと良いでしょう。

 

 

邪気を相手に跳ね返す効果もあるため、

弱っている時に鏡を使うと効果が高いです。

 

 

風水ですと、エネルギーが滞っている所に鏡を置くと

程よい循環を促してくれるでしょう。

 

 

しかし、NGな置き方もあります。

 

・玄関やドアの入り口真正面に鏡を置く

・汚い物や雑然としたものを映し出す場所に置く

・寝姿が映るところに置きっぱなし

 

など。。。

 

ネガティブなエネルギーを部屋の中に

充満させてしまう効果があるので、注意が必要です。

 

 

鏡を置くことは、効果が高いからこそ、使い方は

気を付けましょう。

 

 

あなたのお家にある鏡は、何を映していますか?

 

 鏡のあるところをもう一度見直して、素敵な

エネルギー溢れるお家にしてくださいね♪

 

 

 

 他の記事を読む

 

 

ホームに戻る