断りたいけど断れない。。。

厄介な勧誘や、しつこいお誘い。


お付き合いもあるので、角が立たない様に

お断りしたい、、、 そんな時に便利な言葉があります。

 

お誘いする方や、声を掛ける方は自分が「しつこい」なんて

1ミリも思っておらず、挙句に言い出す言葉が

 

「あなたのためを思って言ってるの。真心よ!」

 

なーんて、対応に困る一言・・・。

 

 

断りたいけど

 

「いりません・興味ありません」

 

と、ハッキリ言うと何となく角が立つ。

 

 

そうはいっても興味がないのに、相手の言うままに

従っていたら

 

興味がない商品を購入する羽目になった!

 

そんな経験はありませんか?

 

 

 

相手とのお付き合いもあり、はっきりと断れない時は

こう切り返してみてください。

 

「今は困っていないので大丈夫です。

困った時は、改めてご相談させてください」

 

 

それでもしつこく誘ってくる人は、今後の

お付き合いを考え直した方が良いでしょう。

 

 

曖昧に濁した断り方をすると、何度も声を掛けてきます。

 

 

しかし、物理的なこと(時間がない・お金がないなど)

を理由に断ると、相手も

 

時間がないなら作ればいいじゃん。手帳開いて。

いつなら大丈夫?今決めましょう(^^)

 

とか

 

お金が無くても、買った方が良い。

絶対良い商品だから。お金は後日でも良いから。

 

 

などなど・・・。

 

 

あの手この手を使って、色々と言ってきます。

 

 

残念ながら、そういう強引な人やしつこく

誘ってくる人は

 

断らないであろう人を選んで声を掛けている

 

のです!

 

 

そうでない場合もありますが、たいていの場合は

断れない人を選んで声を掛けてきます。

 

 

・付き合いで来てくれそうな人

・付き合いで話を聴いてくれそうな人

・押しに弱そうな人

 

などなど・・・。

 

 

無差別に声を掛けている人は、

 

100人に声掛けて2人位話聞いてくれたらいいや。

 

と言う考えで、声を掛けている人なので

無視して全然かまいません。

 

そういう人には礼儀として、無視してあげましょう(笑)

 

 

断ることは、相手の考えを否定する事ではありません。

 

 

その人のことは好きだけど、その商品は別。

 

 

そう考えれば、何となく気持ちはスッキリしますよね。

 

人によっては 断られる=否定された と

受け取る人もいますが、気にすることはありません。

 

 

 

ハッキリを「NO」を伝えることは、

あなたのためでもあり、相手のためでもあるのです。

 

 

「自分のため」と考えるから、断わりにくいのです。

「相手に無駄な労力を使わせない」ために、断るのです。

 

 

こういう風にして意識を変えていくと、お互いに

良い人間関係を築いていけると思いますよ♪

 

 

私も、はっきりと断る様になったら、

諸々のお誘いが無くなりました。

 

 

お陰様で、やりたい事に集中できる毎日です。

 

 

 

人間関係も時には、整理整頓が必要な時があります。

 

どんな人と、どんな人間関係を築いていきたいか?

 

 

と言う事を意識したら、いい影響を与えてくれる人と

一緒に長い時間を過ごした方が良いのです。

 

 

嫌いな人や苦手ない人にエネルギーを使うなら

好きな人となるべく一緒にいる方法を考えましょうね。

 

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る