結論から言え。と言われる

話をしているのに、結論から言えと言われる方が

意外と多いようです。

 

 

何故そう言われるのか、ワカン流に書いてみました。

 

 

同僚・上司に相談や報告をしようとすると

 

 

「で?結論は何なの???」

 

 

と言われてしまう方がいるようです。

 

 

そのような方にはいくつかの共通したパターンがあります。

 

 

・背景ばかり話しがち。その結果、話が長い。

・具体的に話したいことが見えない。

・共感して欲しくて、話をするのが前提である。

・話をしながら意見や考えをまとめる

・内容がバラバラし過ぎて全然頭に入ってこない。

 

 

このような傾向があると

 

 

「で?結論は?」

 

 

と言われがちです。

 

 

もし「結論から言ってください」と、頻繁に言われる方は

あなたの思っている事や伝えたい事を

 

 

一度、文章にして声に出して読んでみましょう。

 

・伝えたいことは何か?

 

が分かれば、考えがまとまってきます(^^)

 

 

 

 

そして、その話をするうえで必要な言葉や

大切な要素を3つだけ選んでください。

 

 

そして、人は3分以上は話を集中して聞けないと

言われています。

 

 

伝えたい事を結論まで入れて60秒~100秒にまとめて

お話をすると良いのです。

 

 

まずは話したいこと・一番伝えたいことを文字に書く!

 

 

試してみてください。

 

 

短くても言葉はちゃんと伝わります。

 

 

もし伝わらないのであれば、言葉の

表現を変えてみましょう。

 

 

 

相手が良く使っている単語やキーワードは何か

よく話を聴いてみてくださいね。」

 

 

 

「この人にはこの話し方」

 

 

 

と言うように、人によって伝え方を分けてみるのも

効果は非常に高いと言えるでしょう。

 

 

相手に時間をいただいて、自分の話を聴いてもらう

 

 

と言う事を意識したら、あなただけの

時間ではないはずです。

 

 

しかし

 

 

結論だけ話せはば、全てOK。

 

 

良いという訳でもありません。

 

 

臨機応変さも時には必要です。

 

 

色々と試してみて、あなたに適した方法を探してくださいね。

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る