自殺物件と格安物件

自殺した人が住んでいた物件と、相場よりも家賃が安い物件は

実は日常生活に色々と弊害が現れるようです。

 

私の知り合いのお話です。

 

 

在る方が家を探していたそうです。不動産屋が

 

 

事故物件(家主が自殺)に住みません?

相場よりも安いし広いし、安くしますよ。

 

 

と言われたので、霊感とかそういう視えないものを

感じとる力も無かったため

 

 

借りても問題ないだろう。

 

 

と言う事で、事故物件を借りたそうです。

 

 

しかし、住んでみたら、やっぱり事故物件。

 

 

仕事は集中できないわ、寝不足になるは、ミスが増えるは、

同僚や取引先、会社に迷惑をかけるミスが多発したそうです。

 

 

仕事も出来ないし、会社にも迷惑かけるし、同僚にも

申し訳ないと言う事で、その方は転職をすることになったそうです。

 

 

事故物件や安い物件に住むと、みんなこんな風に

同じ症状になっていくから不思議です。。。

 

 

安くて広い家に住めることは良い事ですが、事故物件は

リスクが高すぎます、、、(汗)

 

 

古い建物が相場以下の賃料と言うなら、話は分かります。

 

 

しかし相場以下の家に住むと、知らないうちに、ネガティブな

何かに巻き込まれ、最終的には人生の歯車が狂っていくのです。

 

 

これは本当に不思議で、事故物件や相場よりも安い物件だったり

古すぎる&手を入れてない物件に住む人たちに良く見られる現象です。

 

 

 

雨風しのげることは大前提ですが、環境が人を育てます。

 

 

 

環境が人を育てるならば、自分の生活に適した

環境と間取りと土地を選ぶことが大切です。

 

 

自分たちは、どんな所で、どんな風な生活をして

どんなライフプランをイメージしているのか?

 

 

と言う事を意識して、家を選んでください。

 

 

家賃は安ければいい・日が当たらなくても問題ない。

 

 

そう考えているのであれば、その考えは、ジワジワと

あなたの生活や思考を蝕み、閉鎖的になっていくでしょう。

 

 

事故物件に軽い気持ちで住むことはお勧めしません。

 

 

それでも住みたい場合は、自己責任で、

家族を巻き込まず、一人だけで住んでくださいね。

 

 

家って本当に、不思議なのです、、、

 

 

 

ホームに戻る