明けましておめでとうございます☆

明けましておめでとうございます(^^)

本年もよろしくお願いします!

早速ですが、本日、初巳のお祭りに行ってきました!

 

台東区の上野に、寛永寺と言うお寺があり、

不忍池の真ん中に、弁天堂と言うお堂があります。

 


     ↓弁天堂です。

 

寛永寺は徳川家ととても所縁が深く、徳川家にとって

上野方向は鬼門だったため、その鬼門封じとして

天海大僧正という昔のスーパーすごい方(風水師でもある)が

鬼門封じの呪詛としてこの寛永寺を建立したのです。


 

ご存知の方も多いと思いますが、江戸って昔は

本当に荒れた土地で、酷かったのです。

 

 

しかし、徳川家が幕府を開くにあたり、江戸を選びました。

 

「幕府を開くなら~、江戸を最大の都にするぞ!」

 

ってことで、徳川家康が側近だった天海と言う大僧正

 

 

「江戸が栄える様に、色々よろしく!」

 

 

と頼んだことから、天海が今で言う風水を駆使し

江戸が栄えるように、都市計画構想を作ったのです。

 

 

天海は、天台宗の僧侶でしたが、陰陽道や神道にも

精通しており江戸の時代にも拘わらず、108歳まで生きた

本当にすごい方なのです。

 

 

そんな江戸都市計画構想で、重要視されていた土地の1つが

「上野」だったのです。

 


江戸城から見た北東方向(鬼門)が上野だったのです。


 

天海は、江戸の都市構想をすると同時に、様々な

呪詛(と言うと怪しく聞こえますが)を掛けて行きます。

 

 

その呪詛の1つが鬼門を封じる事でした。

ちなみに裏鬼門(南西)封じが、芝の増上寺です。

 

 

江戸城から見て北東(鬼門)にある上野。

その鬼門封じとして、寛永寺は建立されたのです。

 


ちなみに寛永寺は、比叡山がお手本となっており

比叡山と同じように、各方位には諸々と建立されております。

 

 

その寛永寺の近く、不忍池にある弁天堂は、

琵琶湖の竹生島になぞらえて建立されたものです。


 

弁天堂に祀られているのは、ご存知の通り弁天様。

 

 

弁天様と言えば、白蛇ちゃん♡

 

 

と言う事で、巳の日(蛇ちゃまの日)は、なるべく

お参りするようにしているのです。

 

 

今年になって、初巳だった1月5日。

 

 

お参りをして、商売繁盛と健康をお祈りしつつ

感謝をお伝えしてきました。

 

 

今年も良いことありますように♪

 

 

 

ホームに戻る