悩みは解決しなくていい

悩みを誰かに聞いてもらいたいけど、話が重すぎて誰に何を

話していいかわからない。

 
そんなあなたに、少しだけ気が楽になる方法を教えます。

 

 

この想いを誰かに聞いてもらえたら、楽になるのに。

 

 

そんな事を考えたことはありませんか?

 

 

色んな悩みはあるのに、誰に何をどこまで

相談して良いのか分からない。

 

そのような方は結構いらっしゃいます。

 

 

「○○すればいいんだけど・・・。」

 

 

方法論は分かっていても、なかなか

動けない時ってありますよね。

 

 

ついネットで、同じような考えの人は

いないか探してみたり、問題解決をするための

方法を検索してみたり・・・。

 

 

ネガティブな情報もあれば、ポジティブな情報もあり

 

 

「最後は自分が決めるしかないんだよね。」

 

 

と言う結論に至る気持ち、とても良くわかります。

 

 

そう言う時は、無理をせず、以下の事を

やってみてください。

 

 

捨てても良い紙の裏などに、自分の思いの丈を

ただひたすらに書き綴るのです。

 

 

俗に言われる「チラ裏」です。

 

 

・嫌いな人のこと

・早く問題解決したいこと

・助けて欲しいこと

・自分は頑張っているんだ!と言うこと

 

 

どんな事でもいいので、ひたすら書き綴ってみてください。

 

 

どんな汚い言葉でも、どんな酷い言葉でも構いません。

 

 

今のあなたを苦しめている、その想いを

紙に書いてください。

 

 

 

内にある想いを外に出しましょう。

 

 

 色んな思いを書き綴ったその紙は、ビリビリに破って

捨ててしまえばいいのです。

 

 

ストレスの原因が、その紙に書き綴った「事象」なのです。

 

 

「何から書いていいのか分からない」

 

 

そういう方もいると思います。

 

 

そのような方は、まずは「好きなもの」や

「好きな人」への想いを書き綴ってみてください。

 

 

すると、段々色んな思いが出てきます。

 

 

自分の気持ちをありのままに表現してみてください。

 

 

・感動した場所

・中学の時のできごと

・嬉しかったこと

・初めて恋人が出来た時の気持ち

・親に怒られたこと

 

 

色んな思いが出てくると思います。

 

 

色んな思いに触れてみた後に、あなた自身に

こう尋ねてみてください。

 

 

「この問題を解決したら、私はどうなるかな?」

 

 

って。質問しっぱなしで構いません。

 

 

何日かすると、色々な「やりたいこと」や

「やってみたいこと」が出てきます。

 

 

 

どんな問題でも必ず終わりは訪れます。

 

 

自分の力を信じて、前に進んでいきましょうね。

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る