SNSにおける人間関係(長文)

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と言う

システムを存知ですか?

 

ミクシィやフェイスブックなどは代表的なSNSです。

 

このSNSと呼ばれるウェブサービス。

 

特徴は、人と人との繋がりをサポートし、会ったことがない

人間同士でも、気楽にコミュニケーションが取れる

他人と自分を繋いで行くシステムです。

 

 

簡単に言うと、自分発信型の掲示板みたいなものです。

 

フォロワーと呼ばれる、自分のファンをたくさん作れば

自分がイベントを企画した時に、ファンの人が来てくれたり

使い方によっては ビジネスにも繋げられます。

 

 

現に、フェイスブックなどは、ビジネスでの

活用が出来るため、セミナー講師のやコーチング系の

ご職業の方にはとても人気があります。

 


自分が情報を発信する以外にも、「お友達」と呼ばれる

仲間の日常も、見れることもSNSの特徴です。


 

見たくない投稿は、見たくないと言う設定をすれば

見なくても済むので、便利なシステムですよね。

 

 

しかし、時にはイラッとする投稿もあるのも事実です。

 

 

自分はダイエット中で、ご飯を我慢しているのに

 

 

「今日のデェトは○○でディナー♡」

「今日は生牡蠣☆オイスターLove!明日は○○に行くよ!」

 

 

こんな記事が何人かの友達から続けて流れてきたら、

何とも言えない気持ちになりますよね、、、

 

 

 

えっ、リア充自慢???

 

 

って、思いつつも、幸せそうな投稿が続いていると、

自分の日常がとても地味になっているような気がして、

落ち込むこともあるでしょう。

 

 

牡蠣にあたって、牡蠣が嫌いになっちゃえ。

10キロ位太ればいいのに。


画面のあちらにいる本人に、突っ込みを入れたり



○キロ痩せた! 



って書いてあれば


どうせ、またリバウンドするでしょ?


 って言いたくなりますよね。 ・・・まぁ、言いませんけど(笑)

 


 

その一方で、

 

この人、毎回、焼売をつまみに酒飲んでるよね~。

きっとこの1時間後は、茶漬けで〆るんだろうな。

 

 

と他人の日常を、想像することもできちゃいます。

 

 

だからこそ! SNSは、恐ろしいのです(笑)

 

 

気が付けば、他人の人生の1ページを気にするあまり

ネガティブな想いがどんどん膨らんできちゃうのです。

 

 

挙句の果てには

 

「あの人、何しているんだろう。。。」

 

 

って気になる人を検索して、その人の幸せそうな記事を見て

1人で悶々としている人もいるのではないでしょうか。

 

 

その逆もあります。

 

 

知り合いのネガティブな投稿を、たまたま見かけてしまい

ついつい、その人が気になり、過去の投稿を見たら、、、

 

 

「辛いことがあって・・・」

「こんなに悲しい日は、死にたくなります」

「誰か助けて。。。苦しいよぅ。。。」

 

 

とか書いてあったら、自分の辛いことを思い出してしまい

エネルギーが吸い取られて行ってしまいそうです。


 

そうやって、色んな思いを無意識のうちに受けて行くことで、

自分の心がどんどん情緒不安定になって行き、リアルの人間関係に

影響を及ぼしていくことが、SNSの恐ろしいところです。

 

 

実際に、私も、FB(フェイスブック)で集客をしている

とある方の心理調査をしております、、、(笑)

 

 

その人の書き込みのエネルギーが明らかに

落ちているのが分かるのです。

 

「毎日、書き込み大変そう、、、」

 

って思いますが、別に大して仲良くないので

そこは淡々と、観察・分析しています。

 

 

とは言いつつも

 

書き込みのエネルギーが落ちてくると何が起きるか?

 

と言うのも想像できるのです。

 

 

その答えは明らかです。

 

 

リアルがおろそかになり、自分の評判が落ちたり

トラブルが増え、リアルでのファンが減っていくのです。

 

 

SNSを良く見ている人って、そういうリアルの繋がりが

希薄になってしまう傾向がある様におもいます。

 

 

ビジネスの集客には繋がるかもしれないけど、

繋がる人が増える分だけ、エネルギーも使うと思うんです。

 

 

会ってみたら、イメージと違っていて怖かった。

 

 

と言う現象が増えると、そこでまたネガティブな

噂が立つんですよねぇ。。。

 


私は意識的にフェイスブックを見ることを減らしました。

 

 

見ない日もあります。

 

 

フェイスブックを見る時間を、このサイトの更新に

力を入れることが出来ているのです。

 

 

SNSは色んな人が情報発信をしているだけあって、

色んな思いが複雑に絡み合っています。

 

 

だからこそ、知らないうちに忍び寄る

 

SNSに巣食う、エネルギーバンパイア(エネルギーを吸い取る人)

 

に振り回されないように、気を付けましょうね。

 

 

 

ホームに戻る