過ちをどう捉えるか。

人は誰でも、過ちや間違いを起こしてしまいます。


しかし、そんな時こそあなたの人間性が試されているのです。


 

間違いや過ちを犯すことは、仕方がありません。

 


だれでも、一度きりの人生だし、初めての経験ばかりで

対応に困る時も、沢山あるでしょう。


 

しかし、大切な事は、間違いを「間違い」と認めたり

過ちと気づいているのに、過ちを改めないことです。

 


間違いや、過ちは仕方がありません。

 


しかし、失敗してからの事後処理が大切であり、

その事後処理に、人間性が現れるのです。


 

「私は悪くない」と間違えや過ちを認めないでいると、毎回毎回

同じことを繰り返し、自分の立場が奪われていきます。


 

業(ごう)。




つまり、結果をもたらす原因を改めなければ

同じことを繰り返すのです。



そして、段々とあなたの評判は落ちてきて、最後は

あなたの言う事を、皆、信じなくなるでしょう。



「どうせまた○○なんでしょ?」って言われ、呆れられて

その場限りの対応をされて、寂しい思いをするのです。



「人生は学びだから」と言っても「学び」を活かさなければ

「学んだ」ことにはなりません。



仏の顔も三度まで。




何度も同じトラブルを繰り返す方は、あなた自身の

アウトプットに問題があるかもしれません。




もう少し深く考えてから発言したり、行動してみましょうね。




ホームに戻る