私と魔女の関係

魔女って何者?と思う方もいらっしゃると思うので

簡単に魔女についてお話させていただきます。


 

魔女は、ハーブや天然石・パワーストーンを使って

呪術をめいた儀式をしたり、自然崇拝のための祈りを捧げたりします。


何を隠そう、私の前世は魔女でした。

 

 

私が魔女に興味を持ったのは、20年前オカルト(現・スピリチュアル)に

興味を持ったのも魔女とハーブの本を読んだのがきっかけでした。

 

 

その時は、魔女って祈ったり、ハーブティーを作ったり

自然を大切にしたり、精霊を大切にする人たちだったんだ。

 

 

と言う程度の認識でした。

 

 

しかし色々と調べて行くと、魔女狩りだの悪魔が云々など

ダークなイメージも持ち合わせていて、

 

 

「黒魔術ってなに?」

「魔術ってどうやるの?」

「悪魔崇拝と魔女の関係って?」

 

 

 

と言う事に異常なくらい(笑)、興味を持っていたことを

覚えています。タロットもこの位から始めています。

 

 

興味を持つだけならまだ可愛いですが、術のやり方を知ったら

掛けてみたくなるのが人間であります。

 

 

色んな術を試していたら、面白いくらいに結果が出たり

失敗して自分に返ってきてしまったりと、色んな経験をしました。

 

 

祈祷系のスキルは、せっかく身に付けた技術なので、

人様の為に生かそうと思ったので、蛇ちゃんのお守りに

祈祷ありバージョンと言うのを作りました。

 

 

通常の魔女祈祷もご依頼があればやりますが。。。

 

 

祈りを捧げることで、宇宙からの恩恵を更に受けよう!

と言う願いを込めています。

 

 

 

そんなオカルトどっぷりな思春期を過ごしていた中でも、

術と同じくらい好きだったのが、化粧品作りでした。

 

 

自分の好きな薬品を調合して作る、オリジナル化粧水は

今でも私のお肌を年相応に保ってくれております(笑)

 

 

化粧品作りは10年くらいになるのかなぁ。

今でも化粧水は、手作り品を愛用しています。

 

 

乳液は作るのに時間がちょっとかかるので

市販のものに、+アルファをして使用しております(笑)

 

 

ハーブティーの調合も、昔はよくやっていて、

随時20種類くらいのハーブを揃えていて、気分によって

作って飲んでいました。

 

 

ハーブティー風呂にも入っていましたね。

 

 

ハーブティーのお風呂に入ると、邪念が抜けるような気がして

本当に気持ちが良いのですが、最近やってないなぁ、、、

 

 

ハーブティー風呂、気持ちいいので試してみてね☆

 

 

 

さて、ここから前世の話しになるのですが(笑)

私は16世紀~17世紀ごろの前世で、魔女だった時期があります。

 

 

 

魔女同期に木嶋佳苗(きじまかなえ・連続不審死の容疑者)って、

人もいました。

 

 

木嶋(以下きじぃ)は、前世で同じ時を生きた時代があり

彼女の前世も、私と同じ魔女でした。顔見知り程度でした。

 

 

15~17世紀のヨーロッパは、キリスト教系アングロサクソンが

キリスト教以外の宗教を弾圧していた時期でもあります。

 

 

当時の私も、今と同じ自然崇拝(精霊や超自然)主義で、田舎で

ひっそりと暮らしていたのですが、きじぃはミーハーで

変な魔術をやり始めて、目立ってしまったので狩られました。

 

 

その時も、死ぬ直前まで「やってない!」と言ってましたが

きじぃの場合は、毒のハーブでお茶を作ったり、悪魔儀式を

やったりして、当時からやっぱりちょっと変わってました。

 

 

やっと生まれ変われたのに、今生でも同じことを

するなんて、きじぃらしいな。って思います。

 

 

その位、自分の欲望(パトロン捜しが得意・お金大好き)に

素直だから来世でも、多分同じことを繰り返すのでしょう。


 

わたしは同じ魔女でも、きじぃみたいに肉欲的じゃなかったので

運よく狩られなかったタイプですが、今でも仲間を

たくさん殺したであろう、キリスト教は苦手です。

 

 

ネイティブアメリカン(インディアン)が前世だった時も

白人による他宗教的迫害を受けたので、キリスト教の方とは、

宗教的な話はできません。

 

 

今世でキリスト教を信仰している人と結婚するとなった時も

教会で式を挙げたいと言った彼が、何かすごく嫌になって

いちゃもんをつけて、結果的に別れました(笑)

 

 

ネイティブアメリカンの時も魔女と同じく

自然崇拝でワカンタンカの世界観(この世を創りだしたのは

創造主さま・偉大なる精霊の世界観)で生きていました。

 

 

でも、キリスト教の人達がやってきて、仲間を次々と

襲っていって、「改宗しなっせ!」と言いながら

仲間の命を奪い、自然への祈りを奪っていきました。

 

 

キリスト教は大切な大地を奪い、仲間を奪い、創造主や

宇宙への祈り、全てを奪いました。

 

 

でも、過去の事です。時間は前にしか進めません。

 

 

生まれ変わった今、改めて思う事は、日本人として、

多神教の世界で、この時代に生まれたと言う事は、幸せな事です。

 

 

 

きっと、こういう話を書いていると言う事は

魂が、「昔の魂に戻れ」って言っているんでしょうね♪

 

 

だからようやく「魔女」であったと言う前世を認める意味でも

この記事を書いているのでしょう。

 

 

「魔女」と言う言葉を堂々と使う事は、気が引けていました。

 

 

しかし、魔女だったことを宣言し、また自分のサロンに魔女の

祭壇を作れたことは、自分にとっても嬉しいことです。

 

 

 

こうやって、「魔女に戻る」って言っても

 

 

「変な人、、、」

 

 

程度で済む世界に、生まれてこれて良かったです(笑)

 

 

 

 

 

一度しかない人生です。やりたいことをやりましょうね!

 

 

 

ホームに戻る