タロット マジシャンの解説

タロットカード マジシャン(魔術師)の解説です。

 

マジシャンのカードは 創造する力 を表すカードです。

 

 

このカードには、小アルカナのスートでもある

 

カップ・ソード・ワンド・ペンタクルス

 

の4つの象徴が描かれています。

 

マジシャンの足元には、純潔を表す白いユリと、

愛を象徴する赤いバラが描かれております。

 

マジシャンの腰には永遠と完全を象徴する

ウロボロス(蛇が尾を飲んでいる図)が描かれています。

 

 

このことから、マジシャンは創造主(宇宙を創りだす存在)と

結びついたカードであると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

このカードが占いで出てきたときは、以下のような事柄を

象徴しております。

 

 

【正位置】

 創造的エネルギーを表す。物事の始まり・自信のある状態・才能発揮

技術が向上する・決断の時・積極的に新しいことを取り入れる

旅立ちの時・意欲的な状態・良い印象を持っている・新しいスタート

変化する時・出会いがある・やる気に満ちている状態・自分で道を切り開く

 

 

【逆位置】

 自身が無い状態・不安定・保守的思考・優柔不断・決められない

曖昧な状態が続いている・消極的・ネガティブな状態・詐欺師

信頼できない・無計画・意志薄弱で行動できない状態・悪知恵の働く人

胡散臭い・行き詰っている状態・自信喪失・迷っている状態・横柄な人

 

 

【このカードが出てきたときのリーディングポイント】

 

78枚のタロットカードの1番目のカードです。

 

逆位置が出たとしても「無限の可能性があります」と言う事を

お伝えしたいところであります。

 

自分の未来は自分で切り開かなければ、物事は動かないし、

良い時もあれば、悪い時もあるから、今何をすべきか?

と言う事を、再認識してもらうために、未来をイメージできるような

リーディングをすると良いでしょう。

 

「創造」を表すカードでもあるので、新しいものを積極的に

取り入れることで、未来はどんどん変わって行くと言うことを

意識して、リーディングをしてくださいね。

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る