魂の記憶をたどるヒプノセラピー

ヒプノセラピーと言う言葉を聞いたことはありますか?


ヒプノセラピーとは催眠療法と言う、心理療法の一種です。

 

人間には、顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)と言う

2つの意識があります。

 

 

無意識で、つい○○をやっちゃった、、、」

 


と言う事があると思いますが、その無意識でございます。

 

 

話せば長くなるのですが、顕在意識は私たちの中にある

コントロールできる意識(できる事や経験・知識など)を表します。

 

 

潜在意識は、自分の中にある未開発の能力可能性を広げるための

意識で、過去の記憶などをしまっておく所でもあります。

 

 

ヒプノセラピーとは、催眠状態になることで、潜在意識に

アクセスすることが出来ると言われており

 


催眠状態=顕在意識と潜在意識を繋ぐ状態


 

とも言われているのです。

 

 

この催眠状態になっている時は、話をする事もできるし、

手を握ったり、笑ったり、泣くこともできるのです。

 


この催眠状態の時に、過去世や前世の記憶に

アクセスすることができるのです。


 

知りたいことや聞きたいことを、過去の自分に質問してみたり

過去の自分にアドバイスを貰ったりすることもできます。

 

 

その結果、自分が行き詰っていた事柄に対して、解決策や

打開策が見いだせるようになるのです。

 

 

しかし、初めのうちは断片的な事柄しか見えない事が多く

何度も続けているうちに、問題の本質に近づくことが出来るのです。

 

 


皆さんも経験あるかと思いますが、初めて挨拶をかわす人に

握手をしながら

 

「私って、根暗で性格が重いんです。」

 

って言いませんよね?

 

 

ある程度打ち解けてから、色んなことをカミングアウトをしたり

色んな話が出来るようになっていきます。

 

 

魂の記憶も、それと同じで、何度も何度も、その過去世に

触れて行く事で、見えてくるものが違ってきます。

 

 


そうしているうちに、色んなものが見えてきて

「だから自分は○○だったのか。」と言う事が分かるのです。

 

 

魂の記憶を受け入れるには、エネルギーを使う時や

自分自身への癒しが必要な時もあります。

 

 

しかし、その魂の記憶を癒すことで、新しい未来に

進むことが出来るのです。

 

 

魂の記憶を認めたくない時も、あるかと思います。

そうは言うものの、認めてあげないと、先に進めない時もあるのです。

 

 

過去世の自分も、今の自分を創り出す一端になっています。

過去世があるから、今があるのです。

 

 

そんな想いを認めたら、今までとは違う世界が生まれます。

 

 

あなたも、ヒプノセラピーを体験してみてくださいね。

 

 

きっと、新しい自分と出会えますよ♪

 

 


関連記事 ⇒ 私と魔女の話し

 

ホームに戻る