パワーストーンで願いを叶える。実践編

パワーストーンを使って、シンクロニシティを起こす方法や

良い引き寄せをするための方法を書いていきます。


石選び編は、ご覧になっていただきましたか?

 

 

石選び編はこちら。

 

 

石は自分にあったエネルギーを持たなければ意味が無い!

ちゃんと働いてもらえませんよ!

 

と言う事をお伝えしました。

 

 

このセクションは、実践編になります。

 

あなたのエネルギーに合った石が

 

『手元にある』

 

と言う前提で、お話ししていきます。

 

 

まずは、手元にある石に、エネルギーを入れて行きます。

 

 

お願い事は、石選び編で、選んでいただいた効果のある石と

リンクさせたお願いごとにしてください。

 

 

例えば、魔除けのブレスレットに「恋愛成就」の

お仕事をお願いしても

 

「あっ、部署違いますから。他にお願いします。」

 

と言われてしまい、無視されます。

 

 

なので、選ぶ石は大切なのです。

 

 

石の種類と、お願い事が一致していたら、両方の手のひらに

ブレスレットを包み込むようにして

 

○○になるように導いて!

 

など、お願い事を言います。

 

 

・私と結婚するであろう相手とめぐり合わせ

・お金(○○円)を引き寄せて

・○○さんとお話しできるような状況を作って

 

 

などなど、思いの丈を石に伝えてください。

石に話しかけてあげても良いでしょう。

 

 

とにかく自分の想いを伝えてください。

 

 

すると、そのエネルギーが伝わり、じわじわと動き始め、

小さいシンクロがポツポツと起きてきます。

 

 

小さいシンクロの積み重ねが、大きな結果を生み出すのです。

 

 

そのようにして、引き寄せやシンクロニシティを起こしていきます。

 

 

ワカンのパワーストーンを購入された場合は、願いが叶うための

祈りを捧げながら、エネルギーを入れて行きます。

 

 

お願い事は「具体的」でなければいけません。

 

・私を守ってください

・素敵な人に出会わせてください

・この人を守ってください

 

こういう漠然としたお願い事は、辞めてくださいね。

逆効果ですから。

 

 

守るって、何から守ればいいんだよ。

素敵な人って、人によって定義違うけど?

 

 

こうなってしまうと、せっかくの石が台無しです。

 

部下がいらっしゃる方は、お分かりになるかと思いますが

 

・曖昧な指示

・言葉足らず

・共通言語が無い状態


 

だと、望んだような結果や成果は返ってきませんよね?

 

 

つまりはそういう事なのです。

 

 

指示する方の頭の中があれこれ状態で、ゴチャゴチャしてても

動いてくれません。

 

 

そういう意味では、あなた自身のストレスをクリアにね☆

 

 

全ての準備が整って、初めて石が動き出すのです。

 


石はあなたの友達でもあり部下でもあります。

 

 

きちんと働いてもらいたいなら、丁寧な対応と具体的な

お願い事をして、初めて心を支えてくれるのです。

 

 

「パワーストーンなんて持ってても意味ないよ」

 

 

そういうことを言う人もいますが、その人には石は意味が無い

ツールだけど、そのツール(石)を必要としている人もいます。

 

 

パラドックスと言う言葉が存在するように、物事には必ず

解明できない、矛盾やグレーゾーンが存在します。

 

 

そのグレーゾーンに、どういうアプローチをしていくか?

 

 

が魔術であったり、お呪いや、オカルトや見えない力や

スピリチュアルなのではないでしょうか。

 

 

占い師も魔女さんも私を含め、ファンタジーな人も多いけど(笑)、

ビジネスにしている以上は、結果を出さなければなりません。

 

 

そういう意味では、結果を出し続けることが

プロであり、プロの証なのです。

 

 

ここ最近は、パワーストーンが



持っているだけで簡単に、願いを叶えてくれる

(人間にとって都合の良い)道具



になっていますが、それは違います。

 

 

自分の想いを、掘り下げて行った結果、本当に

欲しかったものが「あなたの今の願い」なハズです。

 

 

本気でその願いに向き合えば、きちんと動いてくれます。

白蛇ちゃんのお守りも同じです。

 


人も石も潜在意識も「本気の想い」に反応してくれるのです。


 

是非、あなたもパワーストーンを使って、願いを叶えて

幸せになってくださいね♪

 

 

ホームに戻る

 

 

 石選び編に関しては、こちらから。