オーラの色や意味

オーラの色や意味が知りたい!


そんな方へ向けての記事になります。


オーラの色や発光のしかたは人それぞれです。


身体を取り巻く光がオーラとは言いつつも、具合が悪い所は

濁っていたりくすんでいたり、穴が開いている事も。


もちろん、一色だけではなく、赤~緑の方もいれば

オレンジが強く出てる方もいます。



オーラとは チャクラ と言われる人間の身体の

エネルギースポットの色と関係が深いです。



各チャクラの色を簡単にご説明します。

※第8チャクラに関しては、諸説あるため今回は除きます




第1チャクラ (会陰(生殖器と肛門の間)

色⇒赤~えんじ色


生命力や肉体の維持を表し、やる気エネルギーや

情熱などは第1チャクラが影響している。

ここが濁ったり、弱かったりすると、肉体的に

疲れていたりするため、疲れやすく&憑かれやすくなる。



第2チャクラ (丹田・おへその下)

色⇒オレンジ


性的欲求や物欲などを表し、情緒(感情)などを司る。

依存心の強い人は、ここの色が出てこない時がある

自分勝手な人は、全身オレンジが強く

しかも、濁っているので独特の雰囲気がある。



第3チャクラ (みぞおちとおへその間)

色⇒黄色

個性や他人や自分を認めたり、理性を司る。

不安が強かったり、自信が無い人は、ここがくすんでいたり

色が出ていなかったりしやすい。



第4チャクラ (胸と胸の間)

色⇒緑

感情や愛情深さを表す。思いやり深い人はここの発色が

緑やピンクになる。疲れている人は色がくすむ。

押しつけがましい人や、おせっかいな人は濁ったり

妙な臭いを放っている時がある。



第5チャクラ (喉の真ん中くらい)

色⇒スカイブルー~青

自己表現やコミュニケーション能力などを表す。

ここが濁ると、言いたいことが癒えずに我慢している状態。

クリアに出ている場合は、人間関係などが比較的

良好な場合が多く、本人も毎日楽しそう



第6チャクラ (眉間のちょっと上)

色⇒紺~ロイヤルブルー

知識や智慧深く、精神性が高い場合は、

ここが鮮やかに出る。感覚が鋭い人やカリスマ性が

高い人はここが強く出る場合がある。



第7チャクラ (頭頂・百会)

色⇒紫~パールホワイト

霊性の高い人やスピリチュアリティの高い人は

ロイヤルブルー~紫などになるが、他人への支配力が

高かったり、物欲まみれの人はここが濁り、くすむ。


くすんでいても本人には言えませんけどね、、、(笑)




こんな感じで、それぞれの部位には意味があります。



濁ったり、くすんでいる場合は、ゆっくり休んだり

自分の態度を改めることで改善されるときがあります。



また、エネルギーを入れて行くことで、今までの意識が

変わる場合も良くありますので、怖がらないでください。



みんな誰でもくすんでいる所や、濁っている所はあります。

それが強いか、弱いかですから。




いくらでも対応や処置方法はありますのでご安心を♪




ワカンでも、オーラクリアリングをやっていますので

遊びに来てくださいね♪



オーラクリアリングのメニューはこちら




ホームに戻る