鈍感力で出世する!

もしあなたが、上司や取引先、同僚にいじめられているのであれば


笑顔で無反応を貫き通し、相手を交わしていきましょう。



笑顔で無反応を貫き通す



って何じゃそりゃ?って思いますよね。



いじめられていたり、足を引っ張られていたり、嫌な事をされていると

どうしても相手がやって来たことに、反応をしてしまいます。



・書類を隠された

・勝手に配置換えをさせられた

・必ず一言嫌味を言われる



色々と、あの手この手を使って、嫌がらせをされてしまい

段々気分も滅入ってきますよね。




でも、そんな時こそ 中途半端な反応 はしないでください。



中途半端な対応とは



・困った顔をする

・色々言われた時に「はぁ、、、」と弱気になる

・言われたことを真に受けてしまう

・ひどく悲しむ



などなど、相手に反応したら、相手の思う壺です。



では、どうしたら良いのか?



・反論せずに「そうなのですね」と言って笑顔で立ち去る



これを徹底してみてください。



それでも攻撃をしてくるのであればきちんと



「私に否があるなら直しますので、簡潔に改善点を

ご教示いただけますか?

私は○○さんと仲良くしたいと思っています」



と言ってみてください。



仲良くしなくてもいいんです。

嫌いな人と仲良くなる必要は、一切ありません(笑)


しかし 「仲良くしたい」 と言う言葉を発することに

意味があるのです。



言いたくない気持ちも、すごーーーく分かりますが。。。



それでも色々と具体的な言葉が聞けず、ダラダラと

無意味な感情論になっているなら



「そうですか。分かりました。」



と言って、相手を少し放置しておきましょう。




色んな嫌がらせをされても、反応が無ければ、

いずれ飽きて次のターゲットを探し始めます。



嫌がらせやいじめをする人は、ターゲットを見つけては

同じ嫌がらせを繰り返すと言う、暇な事を延々と繰り返します。



そして、反応が良い人を見つけたら「攻撃開始」をするのです。



なので、笑顔の無反応を貫く姿勢は、一番不気味で

何を考えているか分からないから、やりにくいのです。



笑顔の無反応を貫けば、3ヶ月位もすれば

反応が無いのが詰まらなくなり絡んできません。



いじめてくる人は、自分のことを認めてもらいたいと言う

強い願望が心の底にあるのです。



暇で、孤独で寂しがり屋さんで、構って欲しいから、

わざわざ攻撃を仕掛けてくるのです。



なので、無反応が一番、衝撃が大きいのです。



反応しない壁に向かって 「おい、お前!」 と

お説教をし始める人は、あんまりいませんよね?



あなたが反応しない壁になれば良いのです。



初めは、いじめや心ない嫌がらせに、心かき乱され

イライラしてしまうかもしれませんがいますが、



笑顔で無反応を貫き通す鈍感力



を養っていくと、段々と、離れて&諦めてくれます。



いじめのターゲットがあなた以外の人に変わっている間に

あなたは実績を培い、相手からどんどん遠ざかりましょう。



相手がいない間に、ダッシュで全力で逃げる!



実績を培って結果を出してしまえば、こっちのものです。



結果や実績を出すことで、社内の評価は上がってきて

相手とは雲泥の差が出来てきます。



やがてその差は、埋められないくらい大きな差になり、

あなたはターゲットにされなくなるでしょう。




笑顔で無反応を貫き通す鈍感力



を身に付けてください。



初めは試行錯誤の繰り返しかもしれませんが

いずれ、心安らかな日々を手に入れられます。



あなたが「この人と関わらない」と決めたら、

そこにエネルギーは流れ始めます。




あなたの勇気ある決断が、人生を大きく変えていくのです。



いじめや足の引っ張り合いに負けないでくださいね!




ホームに戻る