応援してくれる人、いますか?

あなたの周りには、あなたのことを本気で応援してくれる

友人や知人はどのくらいいますか?


自分一人で何かを成し遂げようとすると、とても大変で

結果を出すまでに時間が掛かると思ってしまう時があります。



しかし、誰かが応援してくれていたらどんなに大変な事や

先が見えない事に対しても



がんばろう!



って思えませんか?



あなたがもし友人や知人に恵まれていないと言うのであれば

まずはあなたが誰かを応援できる人になってください。



そうすれば、今までの人間関係にも変化が訪れ

あなたも誰かに応援してもらえます。



「自分を応援してもらいたい・助けてもらいたい」



と思ったら、まずはあなたが先に誰かに

応援や手助けをしてください。



与える事から始めましょう。奪う事から始めないでください。



奪う事とは、誰かの成功を妬んだり、誰か蹴落とすようなことをしたり

自分本位の考えで、物事を進めようとしたりすることです。



相手がコツコツと築いてきた実績や信頼関係を、

盗んだり、奪い取ったりするようなことをすることが奪う事です。



盗んで身に付けた実績や経験は、初めは上手く

行っているように見えても、いつか信頼を失います。



与える人は、継続的に結果を出し続けることが

どれだけ大変なことか分かるから、応援することが出来るのです。



一方、奪う人・盗む人は、すぐに結果を出したがり

自分本位に考え行動するから、結果が出ないのです。



メールのやり取りなどで、自分のことしか書いてこない人って

いると思うのですが、そういう人は奪う人に等しいです。



1人で辛い時や寂しい時、心を支えてくれる人は

自分を本気で応援してくれる人ではないでしょうか。



まずは誰かを応援することから始めてみましょうね。



最後に笑うのは、コツコツと実績を積み上げ

結果を出し続けていた人なのですから♪



あなたならできるよ!



って、応援してくれる仲間を、増やしてくださいね!




ホームに戻る