明日はまた新しい人生がやってくる。

「一日一生」と言う言葉を聞いたことはありますか?

天台宗の大阿闍梨 酒井雄哉(さかいゆうさい)さんの言葉です。

 

この本の中で、酒井さんは

 

「一日を一生のように生きよ、明日はまた新しい人生」

 

 と申しております。

 

 

素晴らしい言葉ですよね。

 

 

明日、確実に生きていると言う保証はないのです。

 

 

そう考えると、一日一日をしっかりと生きて、

もし明日が来るならば新しい気持ちで過ごそう。

 

 

そう思えます。

 

 

私たちは日々、色んな思いに囚われます。

 

 

その度に、一喜一憂し、自分の気持ちに振り回されてしまいます。

 

 

好きな人と話せた

嫌な人に文句言われた

会社で嫌な事があった

仕事でミスした

 

 

などなど・・・。

 

嬉しいことは、ずっと感じていても良いと思いますが

嫌な感情は手放したいですよね。

 

 

そんな時、私はこう思うようにしています。

 

 

「2時間後は確実に状況は変わっている!」

 

 

そう思って、自分の心をコントロールしていくのです。

 

 

辛い時こそ、今この瞬間の気持ちを受け入れて、

近い未来をポジティブイメージにして手放しましょう。

 

 

明日生きている保障が無いから、

今この瞬間を精一杯生きるのです。

 

 

一日一生って素敵な言葉ですよね。

 

 

今この瞬間の積み重ねが、やがて大きな力となり

心を強くし、実績を創り出してくれるのです。

 

 

今の状況は、未来永劫続くわけではありません。

 

 

良い事も悪い事も、入り混じっているから人生なのです。

 

 

どんなに辛い状況だったとしても、明日になれば違う

感情が芽生えているかもしれません。

 

 

嫌な事があったとしても、数時間後には、

嬉しいことが起きているかもしれません。

 

 

感情に振り回されないように、自分の心をしっかりと

見つめて、今この瞬間を大切にしてくださいね。

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る

 

 

登録すると毎週月曜日にメルマガ届きます。

Benchmark Email
Powered by Benchmark Email