風を見極めよう。

何をやっても上手く行かない。そんな時ってありますよね。

そう言う時は、無駄に動くのを控えて 「風」 を待ちましょう。


何かを始めようとした時や、現状を変えたくて動いている時は

タイミングが合わないと、結果が出にくいです。



そう言う時は、無理に動くよりも、動き出す時に備えて

準備をするのです。



「風」を待つのです。風に備えて準備をしましょう。



どんな時でもそうですが、完璧な準備をしたと思っても

足りない物は必ず出てきます。



足りない物を知った時に、余計に焦りが出てきたり

パニックになってしまう方も少なくありません。



そんな時こそ、一度立ち止まって、また準備をしましょう。



例えば、仕事で達成したい目標があると思っても

なかなか上手く行かない時があると思います。



そう言う時に、あちこち色んな人に声を掛けても余計に

迷走してしまい、時間だけが過ぎて行ってしまいます。



もし、上手く行っていないと思った時は、一度立ち止まって

上手く行っていないであろう原因を見つけ、改善しましょう。



なし崩し的に、動くのも良いと思うのですが、動けば動くほど

どんどん深みにハマってしまう時の方が多いように思います。



そんな時は、じっとこらえて、次に備えて準備をしましょう。




私もスランプに陥ったり、思い通りに物事が進まない時は

次に備えての準備しかしていません(笑)



急いで何かをやると、どうしても粗が目立ってしまいます。



急いでいる人に話しかけると「雑な対応」をされがちです。

雑な対応をされたら、ガッカリしますよね?



つまりはそういう事なのです。




時間に余裕がない時に限って、事故に遭遇したり

電車が遅れたり、渋滞していたり。。。



「ザ・向かい風」の時だって、準備をしていれば

立ち向かう・乗り越えることが出来るのです。




小さいことの積み重ねが未来を創るなら、今、無計画に動くより

未来に備えて、必要なものを準備した方が良いと思いませんか?



必ず自分にとっての「追い風」は現れます。



しかし、あちこち動いていたら「追い風」に気付かず

向かい風がまたやってきてしまかも知れないのです。



虎視眈々と、時期を見て、風を読み、チャンスを掴みましょう。



風が読める様になったら、準備していた物を駆使して

より早く、結果を出せるようにしていけばいいのですから。



風が読めない時は、風を読めるようになるまで

経験と実績を積んでくださいね!



風が読める様になったら、向かい風の時の対処法なども

分かるし、一番早く目的地に到達できる風も分かるかもしれません。



追い風だけが、良い風ではないかもしれません。



しかし、準備と経験が無ければ、どういう風が

一番、大きく進むことが出来るのか、分からないのですから。



風を見極めて、大きく羽ばたきましょうね!



ホームに戻る