日本兵のお客さま

先日、旧日本軍のお客様(霊)がやってきました。

お客様に憑いてきていたのですが、私が引き取りました。



たまーにこういう事ってあるんですよね。



現在ワカンには、2名ほどの日本兵のお客様がおりまして

上にあがるための準備をしております。



私がお手伝いできる方々(上にあがりたいと言っている霊)が

ワカンに来た時は、引き取ることが出来ます。


「どうして良いのか分からない」と言う霊も私が

引き取ることが可能です。



その霊たちは、自分達を助けてくれるなら、誰でもいいわけで。



もちろん、彼ら・彼女らも憑く人を選んでいる時もあります。



俗に言われる「悪霊」ってのは、私たち人間側が

「悪霊」と言っているだけで、本当はそうでない時もあります。



あんまり書くと、賛否両論を引き起こしそうなので

控えますが(笑) 手に負えない相手=悪霊 ではありません。



悪霊に憑かれているから、自分達は○○だ。



と言われる方もいますが、霊の声に耳を傾けずに

「悪霊」と言い放つのは、変な話ですよね。



人間も霊も「相手が何を訴えているか?」と言うことを

理解しようとしなければいけません。



もちろん、相手が本当に言っている・訴えていることが

心からの言葉なのか、騙しているのか?も見極めます。



相手が言っている・訴えているから、「○○だろう」と

推測し、真に受けるとだましている場合もあるのです。



さて、この日本兵さん、何がしたかったのかと言いますと



・若い兵隊さんはお腹いっぱいご飯が食べたかった

・青年の兵隊さんは死ぬことを覚悟していたから、供養を・・・。



って言うことが発覚いたしました。



まぁ、色々とありったのです。


たまたま昨日来ていたスピトレの受講生に

兵隊さんのお話をしたら、彼らの生き様に共感したらしく


若い兵隊さんの浄化のお手伝いがしたい!


という事で、受講生にお供えするものと、

彼女がやることをお伝えして、兵隊さんには



天国に行くときはちゃんと、彼女にお礼するようにね♪



と、伝えました。



その直後に、彼女自身にラッキーな事が起こったようで

兵隊さんにお礼を言っていました。(詳細は内緒です)



私もその場に立ち会っていましたが


真剣に共感をすると、こうやって良いシンクロを起こしてくれたり

自分の力になってくれるんですよ~。



と言う話をして、トレーニングを勧めたわけです。



皆さんも、霊を怖がらずに、会話をしてみてください。



助けを求めている場合が多いですが、上っ面を見ていると

自分がトラブルに巻き込まれます、、、(汗)



その辺は人間関係と同じで、経験なので騙されながら

成長していきましょうね!




ホームに戻る