セラピーとは?

最近よく聞く、セラピーと言う言葉の意味をご存知ですか?

セラピーの言葉の意味は 心理療法や物理療法を言います。

 

心理療法や物理療法と言うと、難しく聞こえてしまいますが

簡単に言うと

 

 

対話を通じて心や身体を癒したり、アロマオイルや絵を使って

心を癒したりしていきます。

 

アニマルセラピーと言うと、動物と触れ合う事でストレスを

軽減させると言う、セラピー(心理療法)です。

 

 

人の心が病む時って、いくつかパターンがあって

 

・自分を否定されている時orしている時

・自分の本当の気持ちを抑えている時

・心がネガティブな感情で満たされている時

 

 

です。

 

 

これは、小さいころからの親子関係が影響しており

父親もしくは母親との関係が

 

 

良好でない場合

 

 

は、大きくなってもその人間関係が様々な人間関係に

影響すると言われております。

 

 

セラピーをすると、たいてい 「母親と子」 の関係で

皆さん涙を流される場合があるように思います。

 

 

「母と子」「父と子」は、人間関係を築く上での

永遠の課題かもしれません。

 

 

母親が否定・非難をしながら、あなたを育てたのであれば

あなたはもしかしたら、世代間連鎖と言って

 

あなたの子供が生まれた時、同じことをするでしょう。

 

 

親に殴られながら育った子供たちが、自分の子供に

暴力を振るう、あの行動と同じです。

 

 

世代間連鎖とは、世代を超えて同じ発言・同じ行動が

繰り返されるのです。

 

 

旦那と姑の関係が気持ち悪いと思っていても

自分と息子の関係も、実は同じ様な親子関係を築いていた。

 

 

という事も良くあることです。

 

 

私は違う・私はそんな風に育てない。

私とこの子は、そんな関係にはならないわ!

 

 

そう思っていても、実はそうなってしまうのです。

 

 

それが世代間連鎖の恐怖なのです。

 

 

そのような連鎖を断ち切るために、セラピーを

受ける方もいらっしゃいます。

 

 

心のクセは、一度や二度セラピーを受けただけでは

変わる事はありません。

 

 

何度も何度も繰り返し、行う事で新しい価値観や

新しい解釈が根付いてくるのです。

 

 

子供がキレやすい。何とかしたい。

 

 

と思っていても、実は子供から見たら

 

 

ママはすぐ大きい声を出す。いつもうるさい。

私の話を聴いてくれない。

 

 

と思っているかもしれません。

 

 

会社などの人間関係だと、就かず離れずも

自分で調整できるかもしれませんが親子関係は

調整することもできません。

 

 

もし、あなたと娘さんや息子さんの関係や、

両親との関係が近すぎる場合は、要注意かも!?

 

 

人間関係を築いていくという事は、お互いにベストな

距離を保ち、共存共栄を図っていくことが望ましいです。

 

 

しかし、育ってきた環境や、影響を受けている人が

違うのですから、ベストな距離感なんて合ってないようなものなのです。

 

 

目の前にいる人と、どう付き合って行くか?

 

 

という事が課題になってくるのです。

 

 

傷つけたり、傷ついたりしながら人間関係は

築かれていく場合が多々あります。

 

 

だからこそ、良い関係を築くために、傷を受けたらその傷を

癒すセラピーなどは、大切になってくるのです。

 

 

傷をたくさん受けたら、治りだって悪いはずです。

 

 

全身やけどを負うのと、指先を「ちょっとやけど」した程度なら

「ちょっとやけど」の方が治りが早いですよね?



 

忘れられない心の痛みがあるなら、まずはその傷を

癒すことを選択してくださいね。

 

 

あなたが変われば、相手も変わって行きます。

 

 

人は変えられないからこそ、自分が少しだけ相手よりも

人間関係と言うものを理解している事が、良い人間関係を築くための

 

ファーストステップ

 

なのだと私は思います。

 

 

 

無理をしないで、少しずつ、自分の心と向き合てみてくださいね。

 

 

 

ホームに戻る