イライラの裏側

あなたは何かに対してイライラした時、その裏側に

どんな感情があるのか、把握していますか?


イライラしたり、怒ったりすることは誰でも

一度は経験していると思います。



このイライラや怒りの裏側にも、ちゃんと

感情が潜んでいます。



嬉しい感情があるのと同じで、怒りの感情も

私たちは持ち合わせています。



この 「イライラ」や「怒り」 の感情を私たちは

永遠に無くす or 消すことが出来ません。



じゃあ、どうすればいいか。



上手に付き合って行く事が大切です。



イライラしたり、怒ったりすることで

ストレスを感じてしまう時もあるでしょう。



しかし、イライラや怒りの裏側には


期待


と言う感情が潜んでいるのです。



私たちは無意識に、色々なものに対して


「○○になればいいな」

「××になってるでしょう」

「きっと、上手く行くでしょう」


など、期待を抱いていきています。



そうです、無意識に「期待」をしてしまうのです。


しかし、自分が思っているような結果にならなかったり

自分の思い通り&期待通りにならないから



どうして?何で?



と言う感情が湧いてきて「イライラ」したり

「怒ったり」してしまうのです。



人は色々なものに対して、自分本位に期待して

その期待が裏切られた時に、怒ったりイライラするのです。



怒りっぽい人や自分本位な人は、他人に対して

厳しく当たったり、キツイ言い方をしたり


「あなたには期待していないから」


と良い放ちます。



しかし、その人の思い通りにできないと

非難をしたりしてきます。  ややこしい性格・・・(^^;)



そういう人は、怒りをコントロールできない

残念な人なので、距離を置くことをお勧めします。



自分の期待通りに物事を進めていたら 

そうでない場合は 全て悪。



その人の判断基準に、あなたが心を疲弊したり

振り回される必要はありません。



距離を置いた方が精神衛生上良いでしょう。



しかし、距離を置けない場合もあります。



振り回されない様にしていても、一言一言が

イラッとするときもあるでしょう。



しかし、いつも自分の気持ちを押さえつけていたら、

いつか必ずその想いは、大爆発しちゃいます。



瞬間湯沸かし器のように、怒りをボン!と

相手にぶつけても、何も良い事はありません。



だからこそ、怒りの感情やイライラと

上手に付き合うことが、大切なのです。



怒りの感情が湧いてきたときは、深呼吸して


自分はどうして、怒っているのか?


を考えてみてください。



まずはその感情に気付いて、認めてあげましょう。

自分の本当の気持ちに気付いてあげましょう。




自分の本当の気持ちに気付いてあげたら、

他の人とのコミュニケーション方法も変わってきます。




自分の怒りやイライラの裏側が分かれば

ストレスも減って、心の余裕が出来ますよ♪



イライラと上手に付き合って、自分の感情を

コントロールしてみてくださいね!





ホームに戻る