「どうして?」を「どうやったら」に変えよう

人間関係でも仕事でもそうですが「どうして○○なんだろう!」と

何かに対して、イライラしてしまう時はありませんか?

 

 

人間関係において

 

「どうしてあの人は○○なんだろう!!!」

 

ってイライラする時や、仕事が上手く進まなくて

 

「どうして自分は能力が無いんだろう。。。」

 

と悲観をしてしまう時、こう考えてみてください。

 

 

どうやったら、出来るかな?

 

 

って。

 

 

人間関係において、人は(私も含めですよ?)相手に

多くを求めてしまう傾向があります。

 

「多くを求める」=「無意識に期待をしてしまう」

 

 

と言っても良いかもしれません。

 

 

自分が指示したことに関して、部下が理解できずに

モタモタ時間を掛けていたら

 

「どうして言っていることが理解できないの?」

 

と、イライラしてしまい、そのイライラを

相手にぶつけてしまう時も、時にはあるかも知れません。

 

 

「この書類、一部コピー取って来て」

 

って後輩に頼んだら、書類の一部分、ほんの数ページを

コピーしてきて

 

「先輩!一部コピー取りました!」

 

って言われた時、あなたは後輩に何と言いますか?

 

 

ブチギレる人もいるかもしれませんし、

笑って指摘をする人もいるかもしれません。

 

「社会人何年やってるの?」

 

と嫌味を言う人もいるかもしれません。

 

 

でもきっと、お互いの一部の定義が違っていたのでしょう。

 

 

 

コミュニケーションは

 

自分が何を伝えたか?ではなく相手に何が伝わったか?

 

が、大切で、伝わったことが結果なのです。

 

 

いつも同じようなことで、喧嘩や揉め事を

起こしてしまっているなら、少しだけ考えを変えて

 

「どう伝えたら、この人は理解できるのかな?」

 

と、意識を少しだけ変えてみてください。

 

 

あなたが使う言葉の表現を変えたら

相手は理解できるかもしれません。

 

 

もちろん、コミュニケーションを取ろうと思っても

既に手遅れになってしまっているときもあるでしょう。

 

 

そういう場合は、相手のいう事を受け入れ、承認し、

信頼関係を築き直すことが優先です

 

 

自分自身に対しても同じです。

 

 

どうして自分は○○なんだろう・・・。

 

 

と否定的な事を考えてしまう癖があるなら

 

 

どうしたら自分は○○になれるかな?

 

 

と使う言葉を変えてみてください。

 

 

失敗やミス、間違いは誰にでも起こりうることです。

 

 

大切なことは、同じミスをや失敗を

繰り返さないと言う事です。

 

 

そのためには、自分自身に

 

どうしたら○○になれるかな?

 

という事を意識してください。

 

 

 

「どうしたらできるかな?」

 

と言う言葉を使い始めた時、あなたの人生や

考え方も大きく変わるでしょう♪

 

 

相手を変えようと思っても、変わろうとしない人には

何を言っても、どんな事を言っても響かないのです。

 

 

だとするならば、自分自身を変えるしかありません。

 

 

自分が変わることができれば、使う言葉や、

自分自身の考えが変わります。

 

 

その結果、相手との関係が良好になっていく

場合も多々あるのです。

 

 

自分の中の固定概念で、お互いが話を進めているから

コミュニケーションギャップが起きるのです。

 

 

もし、本当に自分自身の何かを変えたいと思ったら

 

「どうしたら○○になれるかな?」

 

 

を意識してくださいね♪

 

 

ホームに戻る