嫌なことは忘れよう。忘れる方法・気持ちを切り替える方法って?

いつまでも嫌なことを思い出し、負のエネルギーに

浸っている方がいます。とても残念に思います。

 

負のエネルギーに浸っていたり、嫌なことを

いつまでも思い出す人は、忘れ上手になりましょう。

 

嫌なことがあった時、あなたはどうやって

気持ちの切り替えをしますか?

 

 

 

自分が嫌なことを忘れるまで、ひたすら誰かに

負の思いやネガティブな思いをぶつけますか?

 

 

いやなことが起きたときは、どうしてもその思いに

心が縛られ、捕らわれてしまいます。

 

 

 

嫌なときがあった時や、自分の力では

解決できない・限界だと思ったときほど

 

「一度、その問題から離れること」

 

を試してみてください。

 

 

 

時間が解決してくれるときもありますし、

自然と答えが見つかるときもあります。

 

 

しかし、いつまでもその問題にしがみつき

 

負のエネルギー

 

を出し続けていると、自分の時間がどんどん

負のエネルギーに蝕まれていくのです。

 

 

気がつけば、大切な時間を無駄に過ごし

問題も解決せず、気持ちも切り替えられなくなります。

 

 

反省すべき点があるなら、反省をし、

同じ過ちを犯さないように、現実を見るべきです。

 

 

負のエネルギーを撒き散らし、迷惑をかける人と

傷つきながらも前に進もうとする人。

 

 

あなたはどちらを応援したいですか?

 

 

私なら、傷つきながらも前に進む人に

手を差し伸べるでしょう。

 

 

運命や、見えない大きな力も同じです。

 

 

がんばっているから、応援したくなるのです。

 

 

嫌なことや不快なことがあっても、深呼吸をして

気持ちを切り替えていきましょう。

 

 

どうしても気持ちが切り替えられない人は

結果を出しているであろう人に聞いてみましょう。

 

 

どうすれば、嫌なことを忘れられますか?

 

 

と。

 

 

私が質問されたらなら、こう答えます。

 

 

本屋に行って、立ち読みして(笑)時間をつぶします。

 

 

本屋に行けば、問題解決をするための本があるので

自分に都合のいい情報を集めて納得して(笑)、

私は悪くなかった!と自己承認します!

 

 

 

何かを悪者にするわけではありませんが、元気に

なりたいときに、自分の悪いところを見て

 

「自己否定」

 

をしても、元気にはなれません。

 

 

本屋をぶらぶらしていたら、大体いやなことも

忘れられるので、お勧めですよ☆

 

 

気持ちを切り替えれば、新しい何かが入ってきます。

 

 

新しい何かが入ってきたら、よりよい結果を

出すために、活かせば良いのです。

 

 

嫌なことがあったときは、元気になることを優先して

毎日を過ごしていきましょうね♪

 

 
他の記事も読む

 

 

ホームに戻る