人は態度で判断する。あなたの態度はどうですか?

「あの人は、私の事を分かってくれない。どうして?」

そう感じているならば、それはあなたに責任があります。

 

 

私は常々、このブログで書いておりますが、

コミュニケーションとは

 

「自分が何を伝えたか?」

 

ではなく

 

「相手に何が伝わったか?」

 

です。

 

 

 

あなたが、自分の気持ちや想いや考えを

一生懸命、誰かに伝えていたとします。

 

 

しかし、相手は自分の聞きたいように情報を聞き

受け取りたいように言葉を受け取ります。

 

 

その結果、あなたの伝えたい想いとは別の情報を

受け取ってしまう時が往々にしてあるのです!

 

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

本当は凄く悲しくて、胸が痛いのに、やせ我慢からか

何故か顔は、微妙に微笑んでいたらしく、

 

「真剣に取り合ってもらえなかった」

 

という事・・・。

 

 

おそらく、一度は経験あるのではないでしょうか。

 

 

人は 言語(言葉など)・非言語(顔の表情や態度など)で

コミュニケーションを取ります。

 

 

アメリカの心理学者のアルバート・メラビアン博士は

以下のように、話し手が聞き手に対して与える影響力を

まとめました。

 

 

目から入ってくる視覚情報 : 55%

耳から入ってくる聴覚情報 : 38%

話の内容などの言語情報  : 7%

 

 

 

超有名なメラビアンの法則と言う法則です。

 

 

 

あなたが、いくら自分の思いを伝えていても

伝わらないと言うのは、行動と話の内容が

 

一致していない可能性が高い

 

から、伝わらない・伝わりにくいのです。

 

 

怒っている人は、顔つきや声のトーンで

「怒っているな」と感じる時があります。

 

 

しかし、怒りを淡々と話していたら「怒っている」とは

思えませんよね?

 

 

 

つまり、人は言語(バーバル)よりも

非言語(ノンバーバル)から情報を得やすいのです。

 

 

もし、あなたが

 

「みんな私の事を分かってくれない!」

 

と思っていたら、あなたの態度や、顔の表情を変えて

誰かに接してみてください。

 

 

 

もちろん、自分勝手な行動をしているくせに

 

「自分を理解してもらおう!」

 

と言う、要求だけはご立派な方も世の中にはいるので

一概には言えませんが。。。

 

 

言葉を信じるよりもその人の態度を見て

判断するようにすると、判断ミスは減るかもしれません。

 

 

もし、あなたが

 

「誰からも理解されない。。。」

 

そう嘆いているなら、あなたの態度にも

問題があるのかも知れません。

 

 

嘆く前に、あなたの態度や心の在り方を見直して

信頼してもらえる人になるように努力してくださいね。

 

 

私もあなたも学ぶことや、見直すことが

たくさんあるともいます。

 

 

私もまだまだ未熟な人間です。。。

 

 

自分の態度と言葉を一致させて、運気や人から

信頼される&愛される体質になりましょうね♪

 

 

 

 

他のブログ記事も読む

 

ホームに戻る