思考と感情を一致させよう

小さなことに喜びや幸せを感じていると、不思議と

シンクロニシティが起こるようになります。

 

どうして、小さなことに 喜びや幸せ を感じていると

シンクロニシティが起きやすくなるのかご説明いたします。

 

 

プラス思考や自分を肯定する想い、ポジティブ思考は

人生を大きく変えていく。

 

 

と言うことは、色んな本に書いてあります。

 

 

喜びや幸せを感じる気持ちは、自分自身を肯定しているから

感じられる感情なのです。

 

 

思考と感情が一致していると、すんなりと

行動を起こすことができるのです。

 

 

「やりたいけど、忙しいから出来ない」

「やりたいけど、何からやっていいのか分からない」

 

 

この状態は、思考と感情が一致していない状態です。

だから、行動を起こせないのです。

 

 

忙しくたって、やりたいことはやろうとします。

お腹が空いたらご飯を食べる様に・・・。

 

 

何から始めていいか分からなかったら、今の時代は

ネットでいくらでも調べられます。

 

調べることだって行動の1つです。

 

 

それでも行動に移せないのは、心の底から

「やりたい!」と思っていないから、出来ないのです。

 

 

色んな要素や環境が少しずつ絡み合うことで、

人生の流れが変わって行くのです。

 

 

思考と感情を一致させることが、

幸せゲットの第一歩♡ なのだと、私は考えます。

 

 

その一方で、ネガティブな時にふと思う 悪い予感 って

よく当たる・的中すると思いませんか?

 

 

 

簡単にご説明すると

 

エネルギーだって類友の法則があるんだよ! 

 

と言うとお分かりになるでしょうか、、、(笑)

 

 

良いエネルギーに溢れている人の周りには

良いエネルギーや、運のいい人が集まります。

 

 

その一方で、ネガティブな発言をする人や

否定的な考えを持ち合わせている人には、

同じような人が集まってきます。

 

 

そうしているうちに、自分を取り巻くエネルギーが

その時、関わりを多く持っている人達との

 

エネルギー周波数

 

に合致していくのです。

 

 

愚痴や不満、悪口、否定的意見を言う人には、

見えない 悪のエネルギー周波数 が忍び寄ります。

 

 

そうすると、マイナス感情・マイナス思考

否定的感情が、運の悪さを強化していくのです。

 

 

運が悪くなると、良くないシンクロニシティや

残念な引き寄せが、起こるようになります。

 

「何でこんなことになったの・・・?」

 

って、言いたくなるような残念な結果が

自分の身に降りかかってくるのです。

 

 

 

その一方で ピンチはチャンス! と捉え、

マイナスをプラスに変える方法を、いつも模索している人は

 

「ラッキー♪ さすが私☆

せっかくだから○○してみよう!」

 

と言って、勘やポジティブなひらめきが鋭くなり

予知的能力が発達していくのです。

 

 

この、予知的能力が発達していくと

 

○○すると、何か良さそう?

 

と言う、「何となく○○」の感覚が、いい流れを

創り出してくれるのです

 

 

 

その結果、良い事や、嬉しい奇跡が

ポツポツと起こるようになるのです。

 

 

 

世の中には理屈や理論では、説明のつかないことが

いくらでもあります。

 

 

結果が出てから、自分のやったことを振り返り

理屈や理論を後付けしても、何も問題はありません。

 

 

 

一瞬だけ、降ってわいてくる 良い予感 が、

シンクロニシティや良い引き寄せを招いてくれるのです。

 

 

そう考えたら、小さい喜びや幸せを感じる心って

大切ですよね。

 

 

白蛇ちゃんのお守りだって、私が育てた

白蛇ちゃんだから、効果があるのです。 …と思う(笑)

 

 

何が言いたいのかと言うと、環境を整えている人には

ちゃんといい運気は巡ってくるのです。

 

 

だからこそ、良いシンクロ・良い引き寄せを望むなら

自分の周りの環境(自分の身の周りや人間関係)や

自分自身(感情・思考・肉体の一致)を整え

 

幸せいつでもやってこーい!!!

 

と、流れを作ることが大切なのです♪

 

 

 

そうすれば、必ず良いシンクロや引き寄せはやって来ます。

 

 

自分を信じて、ポジティブな環境を作ってくださいね!

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る

 

 

ブログ村ランキング参加してます

↓↓ポチしていただけると励みになります↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ