ツインソウルとの真実の愛

ツインソウルと言う単語を聞いたことはありますか?

日本語に訳すと「魂の双子」を表します。

 

元々は1つの魂だったけれども、何らかの理由で

2つに分かれてしまった、魂の双子ちゃん。

 

 

過去世において、1つの肉体、1つの魂だった1人の人物が

現世で、2つの肉体、2つの魂に分かれた、2人の人間

 

が ツインソウル と言われています。

 

 

ちょっとややこしい表現しておりますが

簡単に言うと 魂を2つに割りました! ってことですね♪

 

 

 

ソウルメイトは過去世において、幾度となく別れと

出会いを繰り返してきている、魂の友達です。

 

 

誰にも魂を分けた、ツインソウルが存在すると言われています。

 

 

二人の愛の振動や波動が、一定のレベルに達した時、

二つの魂は出会う事ができ、真実の愛を

手に入れることができる。

 

 

そう言われております。

 

 

真実の愛 が 禁断の愛 だとしても、

2つの魂は、共鳴し続けるのです。

 

 

ロマンや夢がある、お話ですね。

 

 

お互いの魂が、持って生まれた使命(ミッション)を

果たすためには、お互いに与えられた現実での

 

役割

 

を、果たさなければならない時もあるでしょう。

 

 

その役割が、誰かの  や  だとしても・・・。

もちろん、その逆のパターンもあるでしょう。

 

 

ツインソウルのあの人を、独り占めしたい!

 

 

そう思っていても、独り占めできない現実。。。

 

 

二人でいる時は、穏やかで、笑顔が絶えず

幸せなのに、出会いが遅すぎた・・・。

 

 

 

切ない現実に涙を流しているかたも

いると思います。。。

 

 

しかし、出会いはベストなタイミングで訪れます。

 

 

ツインソウルを探していても、同じ人種で

同じ地域に住んでいるとは限りません。

 

 

あなたのツインソウルは、もしかしたら

外国人かもしれません。

 

 

この地球には、71億以上の人がいるので。

 

 

 

ツインソウルとの関係は、必ずハッピーエンドに

なる訳ではありません。

 

 

もしかしたら悲しい結末を迎えるかもしれないし、

お互いの話し合いの元で

 

・結論を出さなければならない時

・相手の判断を待たねばならない時

・自分が決断をしなければならない時

 

と言う、選択を迫られる時もあるのです。

 

 

 

ツインソウルだからと言って、二人の心の絆や

魂の絆が、初めから繋がっている訳ではありません。

 

 

ツインソウルの二人が、真実の愛を手に入れた時

誰かが不幸になるかもしれません・・・。

 

 

 

現実的な事を言ってしまうと

 

誰かの不幸の上に、あなたの幸せは成り立っている

 

のです。 しかしながら、

 

あなたの不幸の上に、誰かの幸せが成り立っている

 

と言う、場合もあるでしょう。

 

 

 

私、さりーが考える真実の愛とは、

 

お互いに、相手の言葉や態度に振り回されず、

自分と同じくらい、相手を大切にできる関係を真実の愛

 

と呼ぶのかな?と思います。

 

 

相手の発言や態度に振り回されているうちは、真実の愛とは程遠い

恋の状態ではないかと、個人的には思います。

 

 

もし私にツインソウルがいるならば

恐らくこのような関係を保てる人が私のツインソウルです。

 

 

相手が怒っている時は、静かに話を聴き

自分が苦しい時は、黙って話を聴いてもらう。

 

どちらかに依存するのではなく、困った時はいつでも

手を差し伸べられ、絶妙な距離感が保てて、

相手も私と同じように、私の事を考え、思っている。

 

 

 

なんせ71億の中の1人ですから。

 

 

魂のレベルやステージ、波動が同じになれば

自然と導いてもらえるのではないかと、思っています。

 

 

 

私のツインソウルも、恐らくこの地球に存在していて、

既に出会っていると思っています。


しかし、未来を一緒に過ごせるかは、今はまだ分かりません。

 

 

ある日突然、二人の魂の波動が共鳴して、

お互いがその事実に気付き

 

私たち、ツインソウルだったね!

 

って、抱き合う日が来るかもしれません。

 

 

 

 

まずは、あなたが思う・感じる・考える

 

真実の愛 

 

の定義を創り出して、ツインソウルとの

出会いの扉を開けてくださいね。

 

 

願えば出会える。

 

 

私はそう思っています。

 

 

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る