細かい事にこだわるな!

人間に、小さな失敗や、間違いを見て見ぬ

ふりをする優しさも必要です。

 

ちょっとした失敗を

 

「あなたっていつも○○ね」

「どうして、できないの?」

「何回も同じ事を繰り返してるね」

「全然学習しないのね」

 

なんて、毎回咎められたら

気が滅入ってしまいませんか?

 

 

初めのうちは、見て見ぬふりを出来たことも

段々と気になるようになってきて

 

もう!!!いい加減にしてほしい!

 

って思う時もあるかも知れません。

 

 

もし、見て見ぬ振りが出来なくなったら

優しく指摘してあげましょう。

 

「やり方やプロセスに漏れがあるのでは?」

 

と・・・。

 

 

小さな失敗やミスを、気にしている人は

とても多いです。

 

 

ミスや失敗を繰り返す人が、あなたの

部下いるなら、文句はグッと飲み込みましょう。

 

 

そのことは本人もとても良くわかっています。

そして、苦しんでいます。

 

中にはミスや間違いをまったく気にしない

お気楽な人もいますが、、、(笑)

 

 

でも、失敗やミス、間違いが出てしまうと言う事は

プロセスややり方に、抜けがあるからです。

 

 

フィードバックをしてあげることは大事ですが

そのフィードバックが「否定」になってはいけません。

 

それは 自他共に です。

 

 

文句を言われると、文句しか頭に残らず

同じ失敗を繰り返してしまう傾向があります。

 

 

 

もし、あなたやあなたの周りの人が

 

仕事も人間関係も、同じような所で

つまずいてしまうor失敗してしまう。。。

 

と嘆いている&嘆いている人がいたら

まずは

 

 

失敗した事実・決定的な間違いは何か?

 

 

を把握しましょう。

 

 

そして、プロセスや流れを確認してくださいね。

 

 

もしかしたら

 

 

人間関係なら

 

・言わなくても良い一言で、相手を傷つけている

・相手の自尊心を奪っている

・自分の気持ちを押し付けている

・相手に合わせすぎてしまい失敗しがち

・都合のいい人に成り下がっている

 

 

など、どこかに漏れがあるかも知れません。

 

 

仕事関係なら

 

・仕事の流れを理解していない

・コミュニケーションギャップがある

・相手の話を理解した「つもり」になっている

・集中力散漫になっている

・人に聴かず、自分勝手な判断をしがち

・分からない事をうやむやにしている

 

 

など、どこか何かに抜けているプロセスが

あるかも知れません。

 

 

失敗は成功のもと

 

 

なんて言いますが、その失敗や間違い、ミスを

どう改善していくか?が大切です。

 

 

失敗しながら、色々と覚えて行くのです。

 

 

だからこそ、細かい失敗に

振り回されず、事実を見極め

 

どこに問題があったか?

 

を見極めて行きましょうね。

 

 

これからの未来は明るいです!

 

失敗やミスが減ってくれば、出来ることが

増えてきます。

 

 

そうやってみんな、成長していくのです。

 

 

小さな失敗に捕らわれないで

大きな流れを見てくださいね!

 

 

他の記事を読む

 

ホームに戻る