達成されない目標は見直してみよう

私はよく「目標を掲げて達成しましょう!」など

前に進んでいこうぜ!系の記事を書いております。

 

しかし、たいして興味のない目標や

心が動かない目標を決めても

意味がありません。

 

 

興味のない目標や、心が動かない目標とは

 

「出来ない言い訳を考えられる目標」

 

の事を指します。

 

 

・でも○○だから。。。

・やっぱり目標高すぎたかな

・目標なんて達成できない

 

 

など、できない・やらない言い訳

次から次へと湧いてくる状態です。

 

 

よく話を聴いていると

 

「それってやらないための言い訳ですね」

 

と思われる言葉を並べている方がいます。

 

 

本人が良ければそれでいいのですが

気が付いていない場合は問題ですね。

 

 

無自覚なのが一番、良くありません。

 

 

やらない言い訳は、あなたの未来の

可能性を完全に閉ざしてしまうからです。

 

 

 

例えば、お金が無いから何も出来ない!

 

 

と言う方がいます。

 

 

しかし、そういう方のほとんどは

 

お金があったとしても、無計画に使って

一番、必要な時にお金が無くなっている

 

と言う、残念なパターンが、常に存在し

いつも同じことを繰り返しているのです。

 

 

結果的に、お金が有っても無くても、

意識が変わらないと、同じことを繰り返します。

 

 

お金でなくても、仕事でも同じです。

 

 

○○をできるようになるぞ!

 

 

と決めても、自分の心が本当に

それを望んでいなければ、達成できません。

 

 

自分がどこまでやりたいか?

 

 

という事を、意識して取り掛かるか、

何となくの延長で

 

「出来たらいいな」

 

の意識なのか。

 

 

 

意識の違い1つで、目標設定が

 

本当に達成したい目標なのか、

ハリボテの目標なのか?

 

と言う、分岐点になって行くように思います。

 

 

もしあなたが、目標を決めても、達成できずに

何かスッキリしない結果が続いているなら

 

ハリボテの目標設定をしているかも!

 

と言う事を、疑ってみてください。

 

 

もし、頑張っているのに、なかなか

上手くいかない場合は

 

目標設定をし直すことも大切

 

です。

 

 

色々と深掘りをしていくと

 

 

自分がまず先に、取り組まなければ

ならない事は○○だった!

 

 

と気付ければ、成長への第一歩です。

 

 

本当の欲求に気が付いた時、

新しい可能性が生み出されて行くでしょう♪

 

 

自分の可能性を信じて、目標を決めることも

大切ですが、見直すことも大切です。

 

 

目標設定をし直すことは

悪い事ではありません。

 

 

いつまでもダラダラと、やりたくもない

目標設定をしている方が悪ですから!

 

 

臨機応変に対応していきましょうね♪

 

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る