期待を手放せば、心はスッと楽になる。

期待をしすぎて、思い通りの結果に

ならなかった時、否定的な感情が生まれます。

 

ポジティブなイメージを思い描くことは

素晴らしいことだと思います。

 

 

しかし、過剰な期待を抱くことは

ストレスを抱えてしま、物事を否定的に

捉えてしまう事に繋がります。

 

 

期待の裏側には

 

「○○したい!」

 

と言う欲求・要求・願望が

込められています。

 

 

期待をし過ぎることは、自らエゴを

生み出している状態です。

 

 

エゴとは、利己的考えや行き過ぎた自尊心が

生み出す心の怪物や闇です。

 

 

エゴや過度の期待は

 

 

・もっと自分を愛して欲しい

・言わなくても解ってくれるはず

・私の気持ちを察してくれるはず

・どうして言う事を聞いてくれないの?

 

 

など、様々な心理状態を生み出します。

 

 

その想いが満たされないとき、人は

失望し、怒り、苦しみを生み出し

エゴと言う名の怪物を生み出します。

 

 

期待を手放して、あるがままの事実を受け入れ

素直な気持ちで事実を受け入れる。

 

 

そうすることで、自分で自分を苦しめることを

しなくていいのです。

 

 

過剰な期待を抱きすぎると、自分の心を

苦しめる結果になります。

 

 

期待を手放し、今、目の前にある

事実は何なのか?を意識してくださいね。

 

 

そうすれば、あなたの中の心のモヤモヤは

スッと晴れて、心が軽くなるはずです。

 

 

過剰な期待を手放し、執着しない人生を

送ってくださいね。

 

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る