正義や正論は反発を生む可能性があるので注意!

人は誰しも、自分の正義を信じ、

それが正しいと疑いません。

 

崇高な想いを持っていても、時と場合によっては、

その正義は不幸を生み出します。

 

 

「正しいもの」や「正しいこと」を貫く姿勢は

勇気ある行動です。

 

 

しかし、時と場合によっては、その「正しさ」が

将来の自分の立場を苦しめ、未来を奪う結果になります。

 

 

自分の中の正義が、相手にとっての正義とは限りません。

 

 

自分の中の常識が、他人に通用しない時があるように

人の価値観は、人それぞれです。

 

 

正義の価値観も人それぞれです。

 

 

自分は正しいことを言った・したつもりでも

相手のプライドやその人の存在、自尊心を

傷つけている時があります。

 

 

些細な事こそ、相手にしてみれば

重要な事だったりするのです。

 

 

正論を言えば、全てが丸く収まる。

 

 

と言うほど、世の中は素直ではありません(笑)

 

 

 

正義や正論は時として、人を傷つけます。

 

 

分かっているけど、できないの!!!

だから自分も困ってるの!!!助けてよ!

 

 

と言う考えを持っている人はたくさんいます。

 

 

相手の価値観や考え方も尊重しないと

人間関係も悪化してしまいます。

 

 

自分では嫌われる理由が分からないけど

何故か人に嫌われるの。。。

 

 

と言う方は、正論や常識的な意見を

言いすぎていないか、ちょっと考えてみてくださいね☆

 

 

まぁ、人になんて好かれなくても

生きていけるから大丈夫ですよ!

 

 

最後に生き残るのは、適応能力のある生き物ですから。

 

 

群れなくても、とびぬけた能力を備えていれば

人は必ずついてきますのでご安心を!

 

 

 しかし!

 

 

人の気持ちを考えないで、自分の正義や正論を

ぶつけすぎると、ピンチの時に助けてもらえず

自分の立場が苦しくなったり、追いやられてしまいます。

 

 

それどころか、未来も将来も奪われることあるでしょう。

 

 

言わなきゃよかった。。。

 

 

と後悔する前に

 

 

この発言は、この場にいる人たちを

幸せにできるかな?

 

 

って少しだけ考えて発言をしてみてくださいね。

 

 

正論・正義を振りかざす前に、自分が今できる事を

始めてみてくださいね。

 

 

 

他の記事を読む

 

 

ホームに戻る