カウンセリング・コーチング・コンサルティング!

コーチングとカウンセリングの違いについて

少しお話します。

 

コーチングとカウンセリングって

何がどう違うの?

 

というご質問をいただいたことはないけれど(笑)

私の占いはこの2つにコンサルティングという

情報提供を加えたタイプのものが主流です。

 

 

ざっとそれぞれの違いを書きますと・・・。

 

 

◆カウンセリング

共感をしながら相手に寄り添って話を聞く。

問題解決ができなくても、相談者が

気づきや、感情の整理ができればヨシとする。

 

 

◆コーチング

自分のやりたいことや、漠然としていた事柄の

落としどころを見つけて、初めの一歩を踏み出すための

考えを整理し、行動に落とし込むまでの順序だてが

できるように、話を聞きながら質問をしていく。

 

 

◆コンサルティング

相談者に足りない情報を与えたり、事例などを踏まえて

結果を出しやすいように情報提供をしていく。

 

 

簡単に書くと、こんな感じです。

 

 

カウンセリングは、自分の感情を整理するために

話を聞いてもらう。

 

コーチングは、初めの一歩を踏み出すために

話を聞いてもらいながら、自分の考えをまとめる。

 

コンサルティングは、うまくいくための情報提供を

してもらい、選択肢を増やし、結果を出すことを

目標とする。

 

 

それぞれ求めているものは違うわけですが

自分が何をしたいのか分からない人は

カウンセリングがおすすめです。

 

 

 

私は自分がコーチングを受ける時は

キツイ先生を選ぶようにしています。

 

 

その理由は、厳しい&キツイ人の方が

良くも悪くも自分の感情が動くので

 

厳しいことを言われて凹んでも

 

「自分がやらなきゃ誰がやる!!!」

 

と燃えるタイプなのです(笑)

 

 

人間には必ず「心の癖」が存在します。

 

 

「やれ」と言われたことをキチンと

実行する人もいれば、しない人もいます。

 

 

「明日やろう」と思っていても、明日になっても

やらない人はたくさんいますよね?

 

 

でも、本当に結果を出す人は

 

「明日やろう」

 

という発想も無いわけで。

 

 

結果を出す人は

 

「今日、〇〇をやろう」

 

と決めて、実行する人です。

 

 

そういう人は、占いもカウンセリングも

必要ありません。

 

 

コーチングでどんどん才能開花させて

結果をどんどん出すだけですから☆

 

 

私も偉そうなことを言えた義理ではありませんが

結果を出す人は、ちゃんと行動しています。

 

 

どんな時も、戦略的に動いて、結果を出すための

情報収集をしているのです。

 

 

感情的に動くと、9割以上の確率で

失敗するので、注意してくださいね。

 

 

結果が出た=ゴール

 

ではありません。

 

 

その結果を、いかに良い方に導いていくか?が

大切なのです。

 

 

継続することができて初めて「結果」なのです。

 

 

 

ということで、カウンセリング・コーチング・コンサルティングを

上手に使い分けて、いい流れを掴んでくださいね!

 

 

 

ホームに戻る